Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4364-a9d8afb8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

角川インターネット講座 (6) ユーザーがつくる知のかたち 集合知の深化  6

ネットでの知識共有はどのようにデザインされるのか?


角川インターネット講座 (6) ユーザーがつくる知のかたち 集合知の深化
角川インターネット講座 (6) ユーザーがつくる知のかたち 集合知の深化西垣 通

KADOKAWA/角川学芸出版 2015-03-25
売り上げランキング : 486802


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






要するに、効果的なネット集合知とは、アマチュアの多様なアイデアとプロフェッショナルの体系的知識を、インターネットを活用してうまく組み合わせるものに他ならない。単に人びとの素人意見をコンピュータで瞬時に集計したものではないのである

この問題は、リアルな相手にたいする場合と、レバーという機械を介して関係している相手にたいする場合とで、心理は異なることを示している。5人を助けるために、レバーを切り替えることでひとりを殺すことと、直接手で生身の人間を突き落とすのでは大きな違いがある。死刑囚であっても自分の手で首をはねるのはかなりの抵抗があると思われるが、飛行機に多数の人間が乗っていることがわかっていても、より容易にミサイルのボタンは押されてしまう。機械は自我の制御機能を減弱させるのである。  車を運転すると、おとなしい人でもかなり過激な発言をするようになる。ちょっとしたニアミスでもバカヤローなどとどなってみたりする。電話ではかなり激しい口調での抗議も、面と向かうと、落ち着いた交渉になったりする

脳(神経システム)の機能は自然のリズムと同調した身体運動によって構造化されてきた。心の境界をより強固にさせ、精神の病への抵抗力をつけるには、日常的な身体の運動が大切なのだ

PCではより深く、多様な探索が可能であることに対して、スマートフォンでは最短の手間で最適な結果が返ってくることが優先されていると言えるだろう。この差異によって浮き彫りになるのは、私たちの情報の摂取の仕方がますます瞬時的なものになっていくという傾向だ

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4364-a9d8afb8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。