Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4356-496048ec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか? ~脳科学でリーダーに必要な力を解き明かす  6

マネジメントの本は多く、稲盛氏の本も多いですが、それを脳科学の観点から説明した本は初めてみました。

従業員に対して、どのような態度が脳科学的に良いのか、これは効率よいマネジメントが実行できそうです。



なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか? ~脳科学でリーダーに必要な力を解き明かす~
なぜ稲盛和夫の経営哲学は、人を動かすのか? ~脳科学でリーダーに必要な力を解き明かす~岩崎 一郎

クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2016-03-11
売り上げランキング : 1752


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





リーダーシップを発揮するには、まず部下との信頼関係を築く「パートナーシップ行動」、その次に、やる気を高める「モチベーション行動」の二つのステップがあると言われています。

稲盛氏は、従業員をパートナーとして迎え入れ、心と心が通じ合った関係、一体感を持った組織を作っていくことが重要で、「単なるサラリーマンを超えた、兄弟あるいは親子のような気持ちでともに仕事をしていこう」と説いています。

信頼度の高いリーダーを持ち、社会の役に立っているという気持ちが強いと、電話をかける数がそれ以外のメンバーよりも3倍高く、集めた寄付金の額が7倍も高くなっていました。

部下の喜びを自分の喜びとして感じ、部下の悲しみを自分の悲しみとして感じられるようになると、信頼関係が生まれます。

目的論型リーダーになるためには、現場の人たちの気持ちを察しながら、未来に目を向け続ける必要があります。


普通は、「やる気があるから、できるようになる」と思いがちですが、実は「できるから、やる気が起こる」のです。
新入社員のように、まだ仕事に慣れていない人を指導するときには、できないことを叱るよりも、できることから自信をつけてもらうことが大切です。


ポジティブな会話は、メンバーの脳にプラスの効果をもたらす

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4356-496048ec

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。