Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4318-8d499353

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

飲食店開業・経営の成功メソッド  7

複数の飲食業を成功させた著者による飲食店経営論

飲食店に限らず、マーケットの捉え方、これからのビジネスの口コミ対策など、ビジネス全般について参考になるわなるわ。

読んでおいた方が良い一冊です。


飲食店開業・経営の成功メソッド
飲食店開業・経営の成功メソッド鬼頭 宏昌

かんき出版 2015-11-18
売り上げランキング : 11633


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




飲食業はそもそも「ハイリスクな事業」


市場規模が大きくて大手企業の寡占の緩い市場は参入先としては有望なパターンの一つです。

市場を寡占するということは、何らかのカテゴリーでナンバーワンになるということです。戦略というのは、あるべき姿と現実を埋める方法論でもあるわけですが、あるべき姿を描く際には、常にナンバーワンであることを意識すべきです。

大手ピザチェーンは、競合対策も万全で、新規参入者を徹底的につぶそうとします。
私たちよりも低価格のキャンペーンを展開し、私たちが配布したチラシの何倍ものチラシを大量投下するのです。
そして、コストに耐え切れず私たちが撤退をしたら、元の値段に戻すのです。
戦略において、攻撃をしかけるのは自分よりも弱い相手でなければいけません。

競争力をメニューに求めて成功した飲食店は多店舗化が可能ですが、競争力をサービスに求めて成功してきた飲食店は、多店舗化の段階で失敗します。
それは、サービスカは属人性が高すぎるからです。

業態を問わず重要なのは、食材の数を増やさないように気をつけることです。
メニューの数はいくつ増えてもいいのですが、食材の数は増えると困ります。

現代の飲食店経営においてベンチマークをする際の視点は、SNSでの拡散が見込める商品かどうかということです。

今後は食べログのような匿名で不特定多数の個人の情報ではなく、自分が信頼を寄せる特定の個人の情報を頼りにするようになっていくと思います。

考えるべきは、売れない時間を売れるようにするアプローチではなく、売れる
時間をもっと売れるようにするアプローチです。

経営において最大の無駄は、ダラダラと流し続ける赤字です

少しでも赤字なら多店舗化はしない

飲食店の多店舗展開が成功するかどうかは、2号店の成否にかかっています。
2号店を成功に導くために絶対に必要なものが、1号店のキャッシュフローであることを理解しておいてください。


チェーンストア理論の原則では、支店経営の限界は15店舗といわれています。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4318-8d499353

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。