Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4228-2b31f51d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

脳と創造性 「この私」というクオリアへ  7

10年以上前の本ですが、脳や潜在意識、直感といった、最近話題の分野について詳しく書かれています。

茂木さんの最近の本ほど読みやすく書かれていませんが、内容はより刺激的だと感じました。

脳と創造性 「この私」というクオリアへ
脳と創造性 「この私」というクオリアへ茂木健一郎

PHP研究所 2005-03-19
売り上げランキング : 14410


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





名人戦のように、タイトルがかかった将棋でお互いに何時間も考盧の時間を使うのはなぜかと言えば、あれは最初に直観で浮かんだ手を論理的な読みで裏付けて、それが最良の手である「確率」を上げているのだというのである。

直観やインスピレーションは、私たちの生の個別性と結びついている。自分自身の内なる感覚に寄り添うことで、普遍に通じる何かが生み出される。

不確実な状況下で判断を下す時、私たちはある決まったルールや方程式に従っているわけではない。不確実な状況下における私たちの直観を支えているのは、私たちの感じる様々な感情のニュアンスである。

うまく生き延びるためには、不確実さに立ち向かい、乗りこえるための感情の技術を磨く必要がある。そのことは、文明以前の原始時代でも、今日でも変わることはない。

一○○%成功することから学べることは少ない。時には成功し、時には失敗するという試行錯誤があるからこそ、そのメリハリの中で多くのことを学ぶことがで きる。対人関係に限らず、人間の脳が発達する上では、不確実なこと、まだ知らない新しいことにチャレンジすることが大切な学習機会となる。
不確実性のあることにチャレンジすることが大切だといっても、その結果取り返しのつかないような大失敗をしたり、命まで失ってしまっては元も子もない。こ こまでは確実であるという「安全基地」を確保しつつ、未知の可能性を探索する、というようなバランス感であるという惠覚が重要になる

脳は、「ずれ」を通して最大の学習をする。

努力しているのにうまくいかない「よどみ」の時間は、脳内プロセスにおいて、情報論的に厳密な理由で生じている。何事も苦労しないで生み出されていくかに見える「フロー」の状態と同じくらい、何事もうまくいかないで篭々としている「よどみ」の状態も大切なのである。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4228-2b31f51d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。