Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4137-5b8d6455

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

B型肝炎訴訟―逆転勝訴の論理  4

裁判での流れを変える証言をした医師の一冊。

証言を頼まれた経緯、決意した経緯が書かれていて、世の中を変えるというのはこういうことなのだと実感させられる内容。

B型肝炎訴訟―逆転勝訴の論理
B型肝炎訴訟―逆転勝訴の論理与芝 真彰

かまくら春秋社 2011-10
売り上げランキング : 187189


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




二○○六年六月に最高裁判決で国に責任があることを認める判決が言い渡されてから、この和解に至るまでに五年が経過しています。


母児感染による場合は対象外とされるので、そうでないことを原告が立証しなければならず、国がこの問題を長期にわたって放置していた結果、お気の毒なこと に母親の死亡などにより、集団予防接種等でB型肝炎に感染したことを立証できなくなっている人が多数いることを忘れるわけにはいきません。

確か七月頃、札幌の奥泉弁護士から一○月に札幌高裁で私が原告側証人として出廷することに決まったという連絡があり、そんな気はなかったのでビックリしてしまい

ました。二○○二年(平成一四年)二月に劇症肝炎の予知の裁判での証言が控えていましたので、私は二つの裁判の証人の役を同時期に抱え込んでしまったので す。今さらもう逃げる訳にもいかず、覚悟を決めて証人になる準備を始めることにしましたが、時間がありません。いつもの癖で態度を暖昧にしていたのが悪 かったのですね




札幌高裁において「既に除斥期間を経過した」として損害賠償請求が認められなかった二人に対する判断については、このような潜伏感染の場合は「症状発現時を起点とすべき」として否定され、五人全員が賠償の対象となり、原告側の全面勝訴となりました

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4137-5b8d6455

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。