Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4095-830836eb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ぼくの命は言葉とともにある 4

視覚に続いて聴覚を失っても、前向きに生きてきた著者の言葉。

コミュニケーションがとても大事だと言います。



ぼくの命は言葉とともにある (9歳で失明、18歳で聴力も失ったぼくが東大教授となり、考えてきたこと)
ぼくの命は言葉とともにある (9歳で失明、18歳で聴力も失ったぼくが東大教授となり、考えてきたこと)福島智

致知出版社 2015-05-30
売り上げランキング : 240


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




いかに生きるか、どう生きるかということも、もちろん重要だと思います。しかし、それは命の一割ぐらいにかかわる話であって、残りの九割ぐらいは生きることそのものだと言っていいのではないでしょうか
私たちは性々にして「持つこと」「所有すること」ばかりを追い求めてしまう傾向があるのではないでしょうか。お金や土地などだけでなく、地位や名誉、そし て、時には他者をもまるで物であるかのように「所有」し、制御しようとしてしまう欲望に支配されているのではないでしょうか。
「持つこと」に伴う問題は、例えば、教育などの営みにおける知識の授受についても同様です。知識はそれを持つこと自体に意味があるのではなく、知識によってみずか
らの生き方を変容させ、その知識を他者とともに響き合わせることに意味があります。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4095-830836eb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。