Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4013-11f84bce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

独裁者プーチン 8

ウクライナ問題のときに、なぜプーチンの支持率があれほど高いのか気になっていましたが、
この本を読んで納得。


プーチンの政権運営は、他国とは全く違うのですね。

衝撃的な一冊でした。

独裁者プーチン (文春新書 861)
独裁者プーチン (文春新書 861)名越 健郎

文藝春秋 2012-05-21
売り上げランキング : 43139


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



私自身は、プーチン体制とは、給与や年金をばらまく代わりに、政治・社会を統制し、国民をアパシー(政治的無関心)に誘導する一種の愚民政治とみなしている。経済的繁栄も資源価格高騰に立脚した危うい「油上の楼閣」のような気がした。

プーチンはこれまで、計七回もの暗殺未遂に遭遇した。うち二回は通勤道路で爆発物が見つかり、未然に処理されたという。ものものしい移動は、緊張をはらむプロセスなのである。

柔道に熱中したプーチンが黒帯を取ったのは十八歳の時だ

大学時代は柔道にも励み、ソ連五輪チームの手前までいった。

KGBの元スパイが採用の経緯を公表することはまずない。実際には、プーチンは大学時代の二年間、KGBのインフォーマント(情報提供者)として働き、仲間を監視していたとの説もある。金回りがよく、大学でただ一人自家用車に乗っていたとの証言も残っている。




経済危機が続く九○年代のロシアでは、公務員の待遇は良くなく、エリートは出国したり、民間での起業に没頭。政府に有能な人材が枯渇していた。

総務局次長としてクレムリンに入ったプーチンは、翌年大統領府副長官兼監督総局長、九八年に大統領府第一副長官ととんとん拍子に出世。

ファミリーの汚職疑惑捜査を陣頭指揮したスクラトフ検事総長によく似た男が、売春婦二人と性的関係を持っている盗撮ビデオがテレビで放映された。プーチン 長官は「鑑定の結果、男が検事総長であることが確認された」と発表。検事総長は退陣に追い込まれ、ファミリーは危機を脱したのである。

当時のロシアは、九八年の金融危機で深刻な経済危機に沈み、病弱なエリッィンは完全に政治力を失っていた。社会に絶望感や退廃ムードが広がり、世相は暗かった。
「ベレゾフスキーによれば、エリッィン後継候補の顔ぶれはお粗末で、能力も低かった。
政治力や野心、発信力のある人材は既にエリッィンを見限っていた。ベレゾフスキーを含むエリッィン周辺のファミリーは焦っていた。


プーチンは二○○○年、ベレゾフスキーをクレムリンに呼び、テレビ局の株式讓渡を要求。拒否されると、「それでは、これでお別れだ」と短く言って部屋を出た。その後、検察による追及が開始され、ベレゾフスキーは逮捕を恐れ、英国に政治亡命した。
当時、プーチンは権力維持装置としてのテレビの威力を認識し、テレビ局の経営権掌握を進めていた。メディア統制と新興財閥の排除が目的とはいえ、恩人を平然と血祭りにあげる冷酷さは相当なものだ。

果敢な行動力は国民の喝采を浴び、プーチンの支持率は二%から七〇%に急上昇した。
チェチェン戦争がなければ、プーチン政権のスムースな船出はなかっただろう。
実は、戦争の口実となったアパート爆破事件には、政権側の自作自演と いう疑惑が今もくすぶる。四カ所の集合住宅が二週間のうちに連続爆破された後、モスクワ南方リャザンの集合住宅の地下で、FSB要員が爆発物らしい物質を 運び込み、住民の通報で地元警察に摘発されるという奇妙な動きがあったからだ。
首相としての四年間、暇のできたプーチンは、パフォーマンスで話題をさらった。それまでの黒っぽいスーツを脱ぎ捨て、アウトドア派に転向。ロシアの広大な自然を録ハックに、マッチョぶりを誇示する新しいプーチン像を演出した。
F1レーシングカーで時速二百四十キロを出し、全身黒で固めてハーレーダビッドソンで風を切り、アイスホッケーでシュートを決め、鯨撃ちにも挑戦した。乗馬や潜水もこなし、パフォーマー全開となった。


○八年夏の休暇は沿海地方の国立公園で過ごし、わなにかかったアムールトラを見るため、現地を視察した。すると、トラが突然逃げ出し、近くにいたカメラマンに向かって走ってきた。プーチンはすばやく麻酔銃を撃って命中させ、カメラマンを救った。

この野生トラは実は動物園で飼われていたトラだったという替え玉疑惑が一二年に浮上した。トラに詳しい環境活動家が、顔のしまの形状を調査し、九九・ 九%、ハバロフスク動物園のアムールトラだと告発。トラはプーチンが現地入りする前に動物園から姿を消したとの情報もあり、活動家は「単に支持率を上げる ための工作だった」と批判した。

変幻自在のパフォーマンスには、必ず記者団が同行、テレビでも放映された。タフガイぶりのアピールは、首相になって責任が軽くなったこともあるが、大統領再登板に向けて「オレを忘れるな」という国民への強烈なメッセージだったろう。
マリア、エカテリーナという二人の娘がいるが、プーチンは「娘の写真を公表したら、刑事罰に問え」と命じているという。国家機密並みの扱いである。どうやら、チェチェン独立派などのテロを恐れているようなのだ。

ゴルバチョフが始めたグラスノスチは、途中から政権の思惑を超えてひとり歩きし、ソ連崩壊につながる原動力になった。メディアがソ連の真実を暴露し、大規 模な抗議行動を誘発。ジャーナリストがソ連を崩壊に追い込んだといっても過言ではない。ゴルバチョフもエリッィンもメディアを統制することはしなかった。
だが、元KGB中堅将校らが牛耳るプーチン体制下で、かってのロシア・メディアの輝きは消え失せてしまった。

プーチンのメディア統制はテレビから始まり、政権に批判的なNTVテレビを弾圧するなど政商から経営権を奪取
住民が最高指導者に直訴し、問題解決を図る伝統は、十八~十九世紀の帝政時代にもあった。民衆は嘆願書を直接皇帝に送り、聖断を仰いだ。江戸時代の目安箱に似たシステムがプーチン体制下で復活した。

プーチンは国内で大規模な災害や事故が発生すると、すぐに現地に飛び、対策を陣頭指揮する。
プーチンはしばしば、窮状を訴える質問に対し、憂いを含んだ視線を向け、「それは極めて難しい問題だ」「私にも解決できないことが多い」といったフレーズを多用する。住民に寄り添うことで、国民目線であることを示す演出が施される。




二百万件以上の質問が殺到する「対話」は、庶民にとって懸賞のような意味合いを持つ。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/4013-11f84bce

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。