Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3963-58d8f9e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

鉄道王たちの近現代史   10

鉄道の歴史。

教養だけではなく、歴史を学ぶ事で、色々と使えることがあります。

国の施策と私企業の対立。
どのように鉄道が広がり、そこに文化を創っていったか。

宅地はもちろん、観光地、テーマパーク・・・

運賃を増やすために、鉄道会社がどのような努力を繰り広げてきたのか。

鉄道王たちの近現代史 (イースト新書)
鉄道王たちの近現代史 (イースト新書)小川裕夫

イースト・プレス 2014-08-10
売り上げランキング : 121672


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




鉄道で移動したことで、政府軍は西郷軍が想定するより早く九州に到着し、西郷軍を撃破した。西南戦争の政府の勝因は、西郷軍の主力部隊が旧士族だったのに 対して、政府軍は近代化された軍隊だったからという要因が挙げられる。しかし、鉄道を使って速く移動したことで、西郷軍が万全な迎撃態勢を整えられなかっ たことも勝因のひとつだ。
西南戦争で鉄道が活躍したことで川上操六は「鉄道は軍事兵器である」と認識を改めた。
一四三五ミリメートル軌間は世界でも一般的に採用されているので標準軌と呼ばれる。
対して一○六七ミリメートル軌間を狭軌と呼ぶ。狭軌は線路用地が少なくてすむ一方で、車両がコンパクトになるので輸送力は落ち、安定性に欠けるので走行スピードも遅くなる。

日本のすみずみまで線路を敷設していた私鉄は、鉄道国有法でことごとく官営鉄道になった
農村で人口が少ないデメリットを逆手に取り、小林は沿線の田畑を買収する。そして買収した田畑を住宅地として開発していった。住宅販売の売上は鉄道会社の経営を支えた。

同時に沿線に住むサラリーマンが箕面有馬電気軌道に乗って梅田駅まで通うようになって運賃収入も増加する。
それまで鉄道は運賃で稼ぐのがビジネスモデルだった。そうした常識を打ち破り、小林は副収入という新しいインカムの道を切り開いたのである。
小林が編承出したビジネスモデルはほかの私鉄に模倣される。

開業許可を得た外山は線路の敷設に取りかかった。しかし、外山は軌道法の概念どおりに道路の上に線路を敷設しなかった。外山は軌道法を拡大解釈し、一部区間に併用軌道区間をつくっただけで、ほかは専用軌道で線路を敷設した。
鉄道創業時のマニュアルには駅に時計の設置が義務づけられる。駅という不特定多数の人間が行き来する場に時計を設置することで、乗客全員が時間を意識する効果があった。
また、「発車一五分前までに駅に来て切符を購入すること」という規則も制定された。
正確な鉄道運行は自然と時間を守るという日本人の精神を育むことにもなった。
時間の重要性は時計の普及も促した。そして時計の国産化を試承る人物も登場する。
今後、自前で発電する鉄道会社は増えるだろう。その規模はまだ小さくても、以前のように鉄道会社の大きな収益の柱へと成長する可能性を秘めている

小林は空気も水も綺麗な郊外に住むことをすすめる。ハンフレットを作成し、箕面有馬電気軌道の沿線に住宅街を造成。郊外に住宅地を造成するという小林の戦略は、そうした市民のニーズや大阪の都市環境とも合致した。
住宅を購入しやすいように、住宅ローンという販売方法も導入した。
世田谷区への移転に際して小原は小田急に急行を停車させる駅をつくるようにかけ合った。小田急の利光は駅をつくるのに費用がかかることから小原の要請を渋った。そこで駅用地を成城学園側が用立てることにして利光を説得。こうして成城学園前駅が誕生する。
そして成城学園は次第に規模を拡大していく。成城学園の発展とともに学生が街を歩くようになる。駅一帯は自然と商店が立ち並ぶようになり、周辺は学園町としてにぎわいを見せる。
慶應義塾が移転してくると日吉台の地価が急騰。移転効果はそれだけではなかった。分譲しても売れ残っていた住宅地が飛ぶように売れてしまったのだ。

私鉄各社は郊外に安価な住宅地をつくり、人口の受け皿にした。

新聞販売から始まった駅構内ビジネスは、その後、小物の販売や食堂へと拡大する
激しく争った小田急と西武がついに和解するときが訪れる。平成一五(二○○三)年、小田急と西武が箱根の観光開発を共同して行うことを発表。その背景には国内旅行の人気低迷で箱根から観光客が減少していたことがある
利益誘導型政治の見本のようにも語られる田中は、高速道路や国道、電源開発などインフラ整備を主力として地方から多大な支持を集めた。
小林は梅田駅にターミナル百貨店をオープンして集客する戦略を編み出した。しかし、それだけでは都心部に向けて走る電車は満員にできても、逆方向に走る電車は空っぽである。小林は逆方向の電車を満員にすれば効率的に運賃収入を得られると考えた。
小林が意図していた都心部の逆方向に遊園地などのレジャー施設をつくる集客戦略が成功すると、他社もいっせいに追随した。そして私鉄各社は沿線にどう利用客を呼び込むのかに、つねに頭をひねるようになる。
小林は梅田駅とは逆方向の宝塚駅に宝塚新温泉をオープンさせた。オープンしたての宝塚新温泉はそれなりに盛況だった。ところが次第に飽きられて客足は遠のいてしまった。
小林は使用しなくなった空のプールを前にして、お金をあまりかけずに改修して何かに転用できないかを考えた。そして、そこで演劇を上演することを思いつく。



小林のなりふり構わぬPR戦略で少女歌劇は社会的にも認知されていった。人気が高まると宝塚新温泉内の出しものでしかなかったタカラヅカが出張で公演するようになった。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3963-58d8f9e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。