Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3934-5a7e38da

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お金は「歴史」で儲けなさい  9

歴史は繰り返す、と言いますが、投資の世界でも同じことがあるとは。

衝撃的な一冊です。

忘れっぽい私たちは、歴史を忘れないようにすれば、投資でも失敗しないに違いない!



お金は「歴史」で儲けなさい
お金は「歴史」で儲けなさい加谷珪一

朝日新聞出版 2015-01-20
売り上げランキング : 207


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




景気や企業のピジネスモデルには循環的な要素があり、技術が進歩しても、基本的に人間は同じことを繰り返しています。

量的緩和策によって景気は何とか持ち直すものの、インフレによって生活が苦しくなることが予想されます。
太平洋戦争末期には、日本の政府債務はGDP(国内総生産、当時はGNP)の200%超という、現在とほぼ同じ水準まで膨れ上がっていました。

終戦から5年の間に、消費者物価は約30倍、卸売物価は約釦倍になりました。政府は預金封鎖や財産税の徴収という非常手段を実施し、ドッジラインによる金融引き締めの強化によってインフレをなんとか沈静化させました。
この間、銀行預金を大量に持っていた資産家の多くが、インフレと政府の預金封鎖によって、財産のほとんどを失ってしまいました。
日本がインフレになる理由は、主に次の2つです。
①米国経済が好調でドル高になる可能性が高いこと②日本の経常赤字化がほぼ確実であること

恒常的に人口が増加する米国は、黙っていても一定の経済成長を見込むことができます。これに加えて、米国は世界で最もイノベーションが活発な国です。

日本がこれから、経常収支が赤字になり、円安になっていくのだとすると、海外への投資が有利になってきます。ソフトバンクは、米国3位の通信会社であるス プリントを2兆2000億円で買収しましたし、サントリーは米国のスピリッッ大手ビーム社を1兆6500億円で買収しています。海外の利益を取り込めるこ れらの企業は、経常赤字と円安の時代にも高い時価総額を維持できる可能性があります。
ある程度の基礎体力があり、グローバルに展開している、あるいは需要が減らない商品を扱っている企業の株を買えば、スタグフレーションから資産を防衛することは可能だということになります。

堤氏は、戦後、臣籍降下に伴い経済的に困窮していた旧皇族をターゲットに、長期分割払いでの土地売却を持ちかけたのです。インフレで土地の値段は跳ね上がるものの、支払いは長期の分割なので、全額を支払い終わる頃には、実質的な返済額はゼロ円になっています。
激しいインフレが進んでいる最中には、かなりの経済的混乱も同時に発生している可能性が高いと考えられます。そうなってしまうと、株価がスムーズに形成さ れないというリスクが出てきます。つまり、最終的にはインフレに追い付くにせよ、そこにはタイムラグが発生することになるわけです。
株式を持っている投資家の中には、日々の現金に窮してしまい、株式を手放す人も少なくありませんでした。これがかなりの売り圧力になったのです。
当時のドイツの記録を見ると、ハイパーインフレが発生した場合には、おおよそ以下のような順番で価格が上昇します。
①為替②金③物価④不動産⑤株価

インフレの激化が予想される時には、まず為替でリスクをヘッジし、自身の資産を保全した上で、不動産や株価などで割安なものを発見した場合には、そこに投資をするという方法が有効と考えられます。
現在、中国のバブルは小康状態ですが、すでにいつ崩壊してもおかしくない程度までバブルは膨れ上がっています

日本と米国ではバブル生成の過程も崩壊のきっかけも異なっていますが、不思議なことに、バブルが崩壊する水準というのは、ほぼ一致しているのです。総融資残高がGDPの1.5倍から1.6倍になってくると危ないわけです。
ビットコインが金本位制に近い存在なのだとすると、ビットコインは今後、金と同じような値動きをする可能性があります。つまり既存通貨に対する信用が低下すると買われ、既存通貨への信用が高まると売られるという図式です。

REITは日本の金融商品としては珍しく、利益のほとんどを分配金として投資家に還元しなければならないなど、投資家の利益が優先された商品です。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3934-5a7e38da

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。