Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3894-4cd8e375

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

兵器と戦術の世界史  6

世界史を戦争という視点から再度学べる一冊。

多くの戦争における平気と戦術の役割が掲載されています。

教養として押さえておきたい。

兵器と戦術の世界史 (中公文庫)
兵器と戦術の世界史 (中公文庫)金子 常規

中央公論新社 2013-10-23
売り上げランキング : 34491


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





元軍の熟練した団体戦闘と、日本騎士の一騎打ちでは、彼に数段の利があったし、半弓は発射速度が大で携行矢数が多く、矢には毒を塗って威力の低いのを補っていた。

編制・装備・戦法の全く異なる元軍との対決は、戦場において不利だった日本軍に対して、その戦術・戦法に大きな影響を与えるはずであったが、たとえ台風による自滅であったにせよ、日本軍の勝利と見倣されたため、武家は元竃の教訓をあえて採用しようとしなかった。

一五四三年種子島に伝来された火縄式滑腔銃の製造法は、同島から根来・堺・国友をはじめ全国の鍛冶職に広がり、戦国時代末期の各部将に爆発的な需要を引き 起こした。各地の刀鍛冶が日本刀製造で培った製鋼や鍛造の技術は、そのまま鉄砲に移され、容易にその技術を修得出来たので、良質な材料による性能の優秀な 小銃が各地で製作され、需要に応ずることが出来たのであった。

ナポレオンは大きな過りを犯した。それは自らの能力を信じ、すべての決定を自分一人に留保し、彼に代わって決定出来る能力のある部下を養成しなかったこと である。大部隊になるにつれて、自分一人に集めた手綱をさばくことが出来なくなり、大きな組織に溺れて自滅してしまった。部下将帥達は、命令は極めて忠実 に実行したが、自ら問題点を求め決定して行動する能力は養われず、認められもしなかった


戦闘は強靭化し、クラウゼヴィッッのいう、ストックだけで戦争の終わる可能性は著しく少なくなり、戦争中に次々と新式兵器を開発創造して戦場に送り出す必要は益々増大しており、それに勝つためには平常養成している技術力の深さがものをいうのである。

戦車が万能のように見えたのは、相手が対応の手段を見出すまでの一時的な現象にすぎないが、勝利は、この現象の有効な間を十分に利用し、あるいはその終末を見極めた側にある。
連合軍は、初期に戦車に対応する手段を見出せずに失敗したし、独軍は、中期から戦車の活動にある種の限界がきたことを悟ることが出来ず、いつまでも万能の夢からさめなかったために自国の命運を失ってしまった。





新しい戦力構成での問題は、戦車・航空機・近代化される効率的な支援砲兵が、いずれも金がかかりすぎ、かつ、一旦衝突すると戦闘損耗が非常に多く、これらの戦力を大量に維持するのは容易でないという点である。
しかし、非装甲の歩兵が突撃戦力・決勝戦力になることは、特殊地形を除いて考えられない○ところで中世の重装甲騎馬兵が優れた鎧や良馬を揃え、必要な従者を準備したのも、当時としてはおそらく非常に金のかかることで、これを用意する資力のある者は限られていたが、結局は安上がりの歩兵が退いて、少数精鋭のゲルマン騎士の時代となったことは既に検討した。この変化は、現在の戦車等の出現についても同様に起こっていると思われる。
従って、今後の中核戦力は、当分の間「数は少ないが精強な戦車と、これを支援する新式砲兵」であるという推論になる。これは必然的に少数精鋭主義である。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3894-4cd8e375

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。