Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3880-26409a55

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのか  7

リーマンショックについて書かれた一冊。

内部で転換社債を担当していた方が書かれた点が特徴的。

トップが決断できないと、こうも悲劇が生まれるのか、ということがよく分かる一冊。

自分を見失わないために。

金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのか
金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのかローレンス・マクドナルド パトリック・ロビンソン 峯村利哉

徳間書店 2009-09-17
売り上げランキング : 109076


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





就任からの2年間、ロバータはとてつもないエネルギーのすべてを、アメリカの銀行家たちとの闘争に総動員した。ときには脅し、ときには叱り、ときにはいじ め、銀行を説得するためなら手段を選ばなかった。彼女の目的は、頭金の確保や月々のローン返済もままならないような人々に、銀行から住宅ローンを提供させ ることだった。
電話をかける前に、メリルリンチ印の花束やチョコレートを、奥方に贈っておくこともあった。
連中はウォール街のごろつきらしい決断を下した。大口を叩くウェブサイトが邪魔なら、買収して支配下に置くことで排除すればいい、と。
中国から輸入される馬鹿安い消費財と、爆発的に成長する中国経済のおかげで、グリーンスパンは低金利を維持しながら、インフレなきアメリカ経済の活性化を達成することができたのである。
近代史において、これほど膨大な労働力がこれほど安価に調達できた例はほかにない。
わたし自身が置かれていたのは3階のオフィスだったが、リーマンの社内配置は固定されてはおらず、ビルの中では年じゅう部署の入れ換えが行なわれていた。この頻繁な配置換えの目的は、社員たちが環境に安住するのを防ぐこと。
住宅ローン会社の営業部員はすぐさま自分の歩合給を増やす方法に気づいた。
あとのことを考えず、とにかく契約を取りまくればいいのだ。住宅ローン会社は借り主の健全性には関心を払っていなかった。なぜなら、どうせ1カ月以内にリーマンやメリルリンチに売却してしまうからだ
住宅ブームは、史上最大の規模と言ってよく、どこから見ても終わりが来るようには思えない。しかし、この好況下で、準政府機関とみなされている全米最大の 住宅ローン保証会社が突如として現金を調達することになった。クリスマス休みのまっただ中に、緊急資金の手当てを求めて、大あわてで〃最後の酒場″へ駆け 込んできたのだ。何かがおかしい。
わたしが最も目をひかれたのは、この取引がインターネット上で行なわれたという点だ。買い手の投機家は建設予定地を見たこともなかった。ひょっとすると、 マイアミに行ったことさえなかったかもしれない。彼らは数百キロ離れた場所から、コンピューターの売買ネットワークを通じて金儲けをしたのだ。これは不動 産業界全体が正気を失っているという証拠かもしれない。

「人間の行動を数学でモデル化するのは不可能だ。特定の人間がローンを返済するかどうかを、コンピューターモデルが教えてくれることは絶対にない。未来永劫にない。何にでも必ずリスクは存在する。そして、リスクを計算することはできない
不動産市場の暴落を予測するわたしたちでさえ、LBOについては楽観視していたのである。
トレーダーの世界には昔からのルールがある。悪いニュースが流れた当日には、決して自分の持ち分を売ってはならない。群衆が通り抜けるまで、出口に近づいてはならない。なぜなら、パニックに駆られた売り手が死に物狂いで逃げ出したあとには、必ず価格の反発が起きるからだ。
わたしたちは鉄則を守ることに慣れていた。負け方をわきまえていた、と言い換えてもいい。致命傷を受ける前に倒れることを知っていた。GMの例では、ポジション解消は3度に及んだが、早めに損切りしたため、損害は小さくてすんだのである。
リーマンは自己資本の32倍の借金をしていた。32倍のレバレッジをかけていた、とも言い換えられる。
会社を去る彼女以外の社員は、〃黄金の手錠″という罠に捕らわれていた。わたしたちは毎年、報酬のかなりの部分を自社株で受けとっており、これは数カ月後もしくは数年後まで換金することができない。
取締役会できびしい批判や警告の声が出ることはなく、昔ながらの論理の出番もなかった。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3880-26409a55

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。