Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/38-fe5948d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

地頭力を鍛える  8

本などでよく紹介されている思考力について具体的な使い方を踏まえて追求した本。
読み込みたい。



地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」


地頭力は未知の領域で問題解決をしていく能力。
結論から考える仮説思考力、全体から考えるフレームワーク思考力、単純に考える抽象化思考力が3つの要素。いずれの要素でも論理力だけでなく直感も組み合わせる。
検索エンジン等により情報をコピペし、考えない人が増えた。→とにかく頭を使って考える癖を付けるべき。
完璧主義の人は、時としてスピードが品質よりも重視されることを理解すべき。期限を切る。
①仮説思考力。いまある情報だけでもっとも可能性の高い結論(仮説)を想定し、常にそれを最終目標として意識し、情報の精度を上げながら検証を繰り返して仮説を修正して結論に至る思考パターン。これを応用し、自分からでなく相手から考える。相手に何が伝わったか。手段と目的の関係も同様。目的から考える。当初の目的以外の異なる多数の目的のために手段が肥大化してしまうことがある。「せっかくだから・・」と言って、色々な目的を組み込みすぎることに注意。
※はじめの仮説にこだわりすぎないこと。仮説を検証し続け精度を上げる意識を持つ。
②フレームワーク力は、全体像を高所から俯瞰する全体俯瞰力ととらえた全体像を最適の切り口で切断し、断面をさらに分解する分解力で交際される。
万人が理解できる共通の座標系で考えることで偏りが少ないものの考え方となる。思考の癖を排除する。
課題に着手する際には一歩引いて考える。自分の目線ではなく上空から。
全体像で考える人は、話すときも最初に項目等を説明できる。
フレームワークはなるべく既存のものを使う。
また、プロセスを分解していく。
全体のパフォーマンス精度は、ボトルネックのパフォーマンスで決まる。全体のボトルネックを発見しそこを改善していく。
※アイディアを自由に出した後にフレームワークを使う。
③抽象化思考力は、対象の最大特徴を抽出してモデル化・単純化し、抽象レベルで一般解を導き出し、その後再び具体化して個別解を導く。逆U字。
アナロジー(類推)で考える。異なる領域のものの間で、共通点をきっかけに一つのことから他を類推する。
※抽象化と具体化をうまく組み合わせる。抽象化の世界に生きるのは、人に理解されなくなる。
報告書を書くとき、はじめに目次を作る人は「結論から」「全体から」考える人。
「理由は3つある」とよく言われるのは①はじめに宣言することが重要②人間の短期的記憶容量が3つ程度だから③座標軸の数として3が収まりよい。



人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/38-fe5948d0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。