Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3771-355a3a64

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ヒトラー・マネー  6

ヒトラーの偽金作りの話。

ドイツがどのように偽金を作っていったのか、その国策がドラマチックに描かれています。

このプロジェクトに関わることで、生き延びた囚人達。


ヒトラー・マネー
ヒトラー・マネーローレンス・マルキン 徳川 家広

講談社 2008-01-11
売り上げランキング : 420278


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ナチスのお偉方のほうが、現場の技術者よりも発言力が大きかったのです。技術者がなにか提案をしても、それがSSの気に入らなければ、作業はまずSSの立 てた計画どおりに進められました。失敗が重なってにつちもざつちもいかなくなって、初めて技術者たちのいうことが聞き入れられるのです。

ナチス・ドイツのような全体主義国家においては、天から降ってきた偽札をこれ幸いとばかりに濫費すれば、たちまち当局の疑いを招くものと思われた。そのこ とは一般のドイツ人も理解しているだろうから、偽マルクをいくらドイツにぱら撒いても、発見したドイツ人によって、たちまち政府に提出されて、敵の通貨価 値を破壊するという戦術目標は達成されずじまいに
なってしまう。
ナチス・ドイツの偽札製造は、それまでにいくつもの障碍にぶつかっていた。技術的な問題もさることながら、とりわけ頭が痛いのが秘密保持だった。ドイツの 民間からふさわしい技術を身につけた者を登用するという方法だと、情報漏れがどうしても防げないのである。だが、強制収容所の囚人たちなら、情報の漏らし ようがない。さらに、偽札造りという役目が終われば、さっさとガス室送りにしてしまえばよい。らくに口封じができるのだ。

手数料は、流通させることに成功した偽札の額面の、三分の一とされた。暴利に思われるかもしれないが、当局に見破られて没収されたり、彼の部下が横領した りして生じた〃損失″は、すべて彼の負担とされていたのだから、妥当な線だろう。また、部下たちの取り分は額面の二五パーセントだったから、すべてがうま くいったとしても取り分は額面の八パーセントと三分の一ということになる。


ヴェルナーが『ベルンハルト作戦』に従事した囚人たちを一度に皆殺しすることに固執していたおかげで、ばらばらになった彼らは命拾いしたのである。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3771-355a3a64

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。