Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3758-ad771b99

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「知」の読書術  6

前半は、佐藤氏が古典を紹介しながら、資本主義などについて解説してくれる一冊。
ウクライナ問題の理解が深まるでしょう。

後半は電子書籍の使い方。

前半と後半で全く違う読み物のようだ。

「知」の読書術 (知のトレッキング叢書)
「知」の読書術 (知のトレッキング叢書)佐藤 優

集英社インターナショナル 2014-08-26
売り上げランキング : 487


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





ホブズボームは、グローバル経済が国家と制度を解体していくなか、「知的な無力感」が「絶望的な大衆感情」と結びついて、政治的に強い力となっていること にも危愼の念を抱いています。同書が刊行されてから現在まで、さらに二○年の歳月が経過しました。しかしホブズボームの時代診断は、世紀をまたいだ二一世 紀においても、ほとんどそのまま適用できるのです。
ウクライナ問題もまた、一方ではウクライナ人とロシア人とのナショナリズムの対立があり、他方ではウクライナへの影響圏を巡る、EU・アメリカとロシアとの帝国主義的な対立がある。
ナショナリズムとは理性では考えられない行動に出ることがあるということを忘れないでおきましょう。
徴税機能が弱くなれば、当然、再分配する財源も枯渇してしまいます。再分配や財源に行き詰まった国家が独裁主義的な方向に進んでいくのは、フランス革命後の政治体制の推移を見れば明らかです
我々はどうやって、「自由」と「民主」の折り合いをつけていけばよいのでしょうか。
それには、「中間団体を再建することが重要だ」と私は考えます。中間団体というのは、宗教団体や労働組合、業界団体、地域の寄り合いやサークルなどのことです。
「紙の本と同じ本を電子書籍で読む」lつまり「二冊目」を電子書籍で買うということです。あくまでも最初は紙で読むことを原則として、紙で読んで常時携帯 しておきたい本、あるいは紙の本は将来的に捨ててしまうかもしれないけれど、持っておいたほうがいいと思う本を電子書籍で買うのです。
読み流せるような本ならば、新刊を電子書籍のみで買うのもいいということです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3758-ad771b99

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。