Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3738-980bd7fd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

〈わたし〉はどこにあるのか: ガザニガ脳科学講義  6

不思議なタイトルですが、先天的な遺伝子や後天的な文化等から、自分の活動がどこから来ているのかを探る一冊。

私たちの行動は、すべて決められているという決定論。

自分の行動を決めているのは、もう一人の自分?という多重人格論。

正解がどこなのかわかりませんが、やはり複数の要素が決定しているのだと思う。

〈わたし〉はどこにあるのか: ガザニガ脳科学講義
〈わたし〉はどこにあるのか: ガザニガ脳科学講義マイケル・S. ガザニガ Michael S. Gazzaniga

紀伊國屋書店 2014-08-28
売り上げランキング : 15522


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




神経接続のパターンは基本的に遺伝子の制御下にあるとはいえ、環境や訓練といった外部刺激もまた、神経細胞の成長や接続に影響を及ぼしている

捕食者を出しぬく方法は二つある。ひとつは相手より大きく、すばやくなることだが、それは無理。もうひとつは大きな集団で生活すること。それによって監視と防御の機能が高まるだけでなく、狩猟と採集の効率も良くなる

私たちの頭に詰まっている脳は並列分散システムが自発的に機能していて、ちょうどインターネットに本部がないのと同じで、どこかに元締めがいるわけではない。複雑な配線ができあがり、すぐに稼働できる工場が、私たちのほとんどの部分をつくりだしている。
大昔にタマルワラビーを捕食していた動物のぬいぐるみを見せると、ワラビーたちは草を食べるのをやめて警戒する。捕食者ではない動物のぬいぐるみだと反応しない。
だが個体レベルの経験としては、危険な動物を見たことは一度もないはずだ。
私たち人間にも、あらかじめ配線され、傾向が定まった行動や選択が山ほどある。

無意識のプロセスを後押ししているのは自然淘汰だ。迅速であり、自動的であることは成功への招待状なのである。意識的なプロセスは不経済だ。時間がかかるし、メモリー記憶もたくさん食う。しかし無意識のプロセスはすばやいし、規則からはずれない。
赤ん坊は模倣を通じて社会的な世界に入る。自分が周囲の人たちと同じだと理解し、他の物体で(11)はなく人間の動きをまねする

大規模な社会集団で生きていくために必要な協力レベルを実現するためには、ヒトは攻撃性と競争心をやわらげる必要があった。他者への攻撃性や横暴な態度が 行きすぎた者は、集団から追放されるか、殺されるかした。こうしてヒトは、いわば自分で自分を飼いならす過程を経ていった。それとともに遺伝子プールも変 化し、攻撃性といった情動反応を制御する(抑制する)選択システムができあがった。
人は競争関係にある相手や、政策に賛成できない政治家の表情を模倣したりしない・観察者と被観察者の関係を模倣反応から読みとれること、またすべての情動反応が等しく模倣されるわけではないことは、最近の実験で明らかになっている

幸福感は観察者が身銭を切る必要のない低コストな情動なので、かならず模倣される。しかし悲しみや怒りの表情は、こちらが手助けしなければならなかった り、脅威の危険があったり、親和性をあらためて表明したりとコストがかかる可能性があるため、内集団の仲間に対してしか模倣しない。

模倣は純粋に自動的かつ反射的なものではなく、文脈によってはブレーキがかかることもあるのだ。
「進化と人間行動」 長谷川寿一 長谷川眞理子 140831
これらの一連の複雑な行動は,カッコウの遺伝子の中に組み込まれているのに違いありません.いつ,どんな行動をするべきかという指令が,すべて遺伝子の中にプログラムされているのです.
カッコウのヒナは,生まれたときから自分の親に会ったことがありません.
孵化したらすぐに,眼も見えないうちに周りの卵を全部担ぎ出して捨てるということを,どこから習ったのでしょう
行動が生じる基本は,自分自身の内的状態や外部からの刺激に応じて適切な反応を起こすことにあり,それらは,さまざまな酵素やホルモンや神経機構などによって制御されています.
遺伝子が行動に影響を与える(制御する)過程は,必ずしもはっきりとわかる一対一対応ではありませんが,遺伝子が変われば,確実に行動は変化するのです.

行動には,利益(ベネフィット)と同時になんらかの損失(コスト)が伴うものです.戦略の適応度上の有利さを考える場合には,コストとベネフィットの両方を考慮にいれねばなりません
固定的なメンバーがつねにいっしょに暮らすような集団ができると,そのような集団どうしの間の競争と,集団内部の個体間の競争とが生じます
現代の狩猟採集民の口論やけんかは,贈答に関するトラブル,けち,怠け,食物分配などの公正さや平等さをめぐって生じることが多い.
農業と牧畜が始まり,しかもかなり大規模で行われるようになると,富の蓄積が可能となり,男性による生産手段の独占も生じてきます.それとともに,男性に よる女性の行動のコントロールがさまざまな形で見られるようになり,女性の価値は処女性と貞節と従順さで測られるようになり,結婚前の女性もそのような価 値観のもとに育てられるようになります.
さまざまな配偶者防衛とコントロールを行うのは,資源を独占し,父性を確実にせねばならない上層階級のみであり,同じ社会であっても,資源を持っていない貧困層ではそのような配偶者防衛はあまり見られません

社会の下層の女性は,男性がすべてをまかなってくれるわけではなく,自分で働かなければなりませんが,自分たちの階層の中では性関係は比較的自由で,束縛やコントロールはあまりありません
パーティで初めて会った人と話をするときなどとくに明らかですが,「どちらにお住まいですか」,「お子さんは何人ですか」などと言うことを人はよく話しま すが,本当はそんなことにはあまり興味はありません.その人がどこに住んでいようと,どうでもよいのです.こんな会話を私たちがなぜしているかというと, それは互いに敵意がなく,一晩たのしく過ごしたいと思っているというシグナルを出しているだけなのです.

話の内容が本当に大切なのではなくて,そうやってぺちやくちゃしゃべったということに意味があるのです.

会話というものは,その意味内容(含まれる情報の価値)という側面のほかに,人間関係を円滑に行うためのコミュニケーションという側面があります.

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3738-980bd7fd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。