Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3682-52d3a595

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「自分」の壁  8

自分についての壁とは何か

これ、これからの時代を予見する一冊かも?


「自分」の壁 (新潮新書)
「自分」の壁 (新潮新書)養老 孟司

新潮社 2014-06-13
売り上げランキング : 256


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




私たちは、自分のことを形ある固体だと思っていますが、空間定位の領野が壊れると、それが液体になってしまう。

人間の脳、つまり意識は、「ここからここまでが自分だ」という自己の範囲を決めています。その範囲内のものは「えこひいき」する。ところが、それがいった ん外に出ると、それまでの「えこひいき」分はなくなり、マイナスに転じてしまう。だから「ツバは汚い」と感じるようになるのです。

現実を動かしているのは無意識のほうにある世間のルールです

格差が広がった国では自殺率が高くなるようです。要するに、貧乏とは絶対的なものではなくて、周りに金持ちがいるときに強く感じるものだということでしょう。
「世間がどういう人で構成されているかは俺には関係ないんだから、いじめられても俺のせいじゃない」自分に非があると思うとつらくなります。それならば、あくまでも世間の都合なんだな、と考えたほうが楽なのではないでしょうか。
欧米は、「個」を立てる一方で、絆を維持する機能を教会が持っていたと考えられます。ところが、日本、特に都市では、そういう存在がないため、結果として新宗教に向かう人が増えてしまった。
日本の場合は、絆、共同体の代用品として会社が機能してきました。戦後かなりの間は、これがきちんと機能してきた。ところが、そこにも「個」を立てるようになっていった。業績主義、成果主義です。

濃密な人間関係に煩わしさはつきまとうとしても、大きなメリットがあることも事実です。人を信用するとコストが低く済むのです。
口約束でものごとが進むことが多かったのです。口約束なんていい加減な、と思う人も今は多いのでしょう。でも、口約束で済むくらい楽なことはありません
言葉が動かすことができるのは人の考えだけです。その結果、その人が具体的に動いたときに、はじめて現実が動く。だから現実が厳しくなってきたときに、言葉に誠実すぎる人は結構まずいことをする。現実よりも、言葉にひきずられるからです。
絶対にうまくいくことは大抵、すでに行われています。そして、「こうなったらうまくいきます」とわかりきったことばかりやっていたら、閉塞感が生まれるに決まっています。
意識を疑うことです。決して今の自分の考え、意識は絶対的なものではない。その視点を常に持っておくことです。

「自分の意識では処理しきれないものが、この世には山ほどある」そのことを体感しておく必要があります。
常に「意識外」のものを意識しなくてはならない。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3682-52d3a595

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。