Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3518-53ce15bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

遠き落日(下)   6

野口英世物語、後編。

最後は読んでいて苦しい・・・

遠き落日(下) (講談社文庫)
遠き落日(下) (講談社文庫)渡辺 淳一

講談社 2013-12-13
売り上げランキング : 78963


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





君を疑うわけではないが、俺は自分のやった仕事しか信用できないんだ
人間は体のことを考えるようになったら終りだ。自分をいたわるようになったら、もうエネルギーはなくなったということだ。
病気などでなく、仕事が忙しいというだけの理由で、恩賜賞の授賞式に出席しなかったのは、あとにも先にも英世ただ一人であった。

五千ドルももらい、差し当り債鬼に悩まされることもないだけに、英世はますます気が大きくなっていた。友人とレストランなどに行っても、メニューもろくに見ずに、のっている料理すべてをもってこいなどと注文する。
走り続けて、それなりのものは得たようには思うが、それが幸せであったか否かはわからない。このまま走り続けてどうなるのか、ふとつまらぬことで死ぬような気がする。


これもすべて、英世がことあるごとに記者会見をし、自分の研究成果を学問的事実としてだけでなく、社会的事業として発表していったことにあった。学者の一 部には、それにひそ眉を蜜める者もいたが、しかしそのおかげで、英世は東洋人としてのハンディキャップを積極的に除いていったともいえる


「人間は一ヵ月以上休んではいけない。それ以上休むと、頭が一旦からになり、また元のペースに戻るまで一ヵ月以上はかかる。結局、二ヵ月以上まるまる休んだことになり、その損害は大きすぎるのだ」

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3518-53ce15bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。