Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3476-3cacc70f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義  6

講義形式で、宗教や文化に対する見方を教えてくれる一冊。

宗教について、わかりやすい視点が印象的。

教養を深められる一冊。

17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義
17歳のための世界と日本の見方―セイゴオ先生の人間文化講義松岡 正剛

春秋社 2006-12-25
売り上げランキング : 4272


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






なぜ紀元前六世紀から五世紀にかけて、こんなにたくさんの宗教者や哲学者たちがいっせいに出現したのかということに、私は以前から関心があります。
おそらく言語や宗教や、あるいは国や都市の出現、さまざまな民族同士の戦争や侵略といったことが、非常に複雑になって、それがある量にまで達したからなんだろうと思います。

臨界値に達すると、それまでにないものが生まれてくるんです。それを「創発」といいます。
西でも東でも、現実世界においては新しいルールやしくみが必要になり、また人間の想像力やイマジネーションにおいても大きな変革が必要となっていたんですね

ある意味で、人間の欲望や煩悩が、それまでとはちがう現実味をもって人間社会をおびやかしはじめ、それが臨界値に達してきていた。そこで、それをコントロールしていく新しい技術や方法が求められていたのかもしれません。

これらの一神教が生まれたのは、いずれも砂漠の風土でした。こういうところで人間が生きていくのはたいへん過酷なことで、ちょっとした判断ミスがたちまち死に結びつくわけです。東に行けばオアシスがある。けれども西にはてしもない砂漠が広がっている。

こういうときにいったいどちらに行けばいいのかということは二者択一しかないし、その結果もまた生か死かしかない。この風土はそもそもが二分法的にできているのです。

インドや中国や日本といった東洋の国々は非常に湿潤で、森林が多い。もちろん森林といえども生きていくことは決して容易ではありません。けれども、砂漠のような光と闇や、生と死に迫られるといった二者択一的な状況ではなかったはずです。
森 林には前後左右、東西南北、いろいろの方面にさまざまな情報が待ちかまえているのです。東へ行けば滝や川があるかもしれないし、南へ行けば猛獣や猛毒の爬 虫類がいるかもしれない。また、キノコや木の実や草の知識もいろいろ必要です。こういうところでは、人間はゆっくり思考し、さまざまな選択肢について思い めぐらすということになります。

多くの宗教、とくにユダヤ教やキリスト教やイスラム教では、どこかで「悪」の絶対性をつくっておく必要があったんです。いちばん重い悪という意味ではありません。
そうではなくて、「善」を否定する「悪」というものを絶対化しておくのです。つまり、「神に逆らう悪」というものです。
なぜ、そんなことをしたのでしょう?それは神を絶対化したからです.だったら悪も絶対化して、絶対悪をつくっておく必要があったんです。


こういう日本人のことを、海外では怪誹に思ったり、宗教心とか信仰心が乏しいとかいって批判するわけですが、歴史的には、日本人が神も仏もいっしょくたに信仰していくという方法は、伝統的といってもいいくらい昔からあったことなのです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3476-3cacc70f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。