Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3426-73ad0840

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書  6

提供側が意識しているブランドと、
消費者が意識しているブランドが
若干ずれているのが興味深いです。

何を狙わなければならないのか、学べる一冊です。

小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書
小さな会社を強くする ブランドづくりの教科書岩崎 邦彦

日本経済新聞出版社 2013-09-26
売り上げランキング : 5986


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





イメージが頭に浮かばないものは、人々には選択されにくいということだ。
「経営者1000人調査」データの統計分析から抽出された「強いブランド」を規定する条件は、以下の四つである
①明確なコンセプト、明快なイメージ
②感性に訴求する
③情報発生力がある
「新聞、雑誌、テレビなどのメディアにとりあげられることがある」「インターネットで商品名を検索すると、上位に表示される」
④口コミ発生力がある

「消費者1000人調査」データの統計的分析から抽出された「強いブランド」を規定する条件は、以下の四つである
①明確なコンセプト、明快なイメー
②感性に訴求する
③独自のポジションがある「競合商品が少ない」「その商品を他の商品で代替することは難しい」
④低価格ではない

最も人をひきつける特徴を選び、それを強調し、自らのポジションを明確にすることが必要なのである。
大切なのは、消費者が感じる品質
知覚品質を高めるには、次のような要素も考慮することが大切だろう

①品質の有形化こだわりを伝えるために、こだわりのあるパッケージを利用するなど、知覚品質を高めるためには、品質を形にすることが重要である。
②体験してもらう体験も知覚品質を高める。
③五感・情緒に訴える
④低価格ではない低価格戦略をとると、安かろう悪かろうの心理メカニズムが働き、知覚品質を下げる懸念がある
⑤希少性
⑥オリジナリティ
⑦物語性
⑧社会的証明
今日、消費者の8割は、気になるブランドや商品があると、まずインターネットで検索をしている。検索されやすい名前をつけることは、ブランドづくりの重要なポイントになっている。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3426-73ad0840

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。