Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3356-1bdb7539

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質  7

有名な本をようやく手に取りました。

不確実性について、引用されまくっている一冊ですね。


ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質
ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質ナシーム・ニコラス・タレブ 望月 衛

ダイヤモンド社 2009-06-19
売り上げランキング : 3019


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




外れ値を予測できないということは、歴史のたどる道を予測できないということだ。外れ値がさまざまな事件に占める割合を考えると、そういうことになる。
それなのに、私たちは歴史的な事件を予測できるかのように振る舞っている。

人間は地図と本物の地面を取り違え、純粋で扱いやすい「型」にぱかり焦点を当てる傾向がある。

分類をすれば、複雑さは必ず低下する。黒い白鳥が生まれるのはそういうところだ。

影響は大きく確率は低い事象が悲劇なのは、主に、誰かに報いるのにかかる時間と、その人が自分は稀な事象が起こらないことに賭けていると自信を持てるのに かかる時間が食い違っているせいだ。稀な事象が起こらないほうに賭けたり、制度を逆手にとったりするインセンティブが人間には与えられている。
説明をすれば事実同士を結びつけることができる。そうすれば事実がずっと簡単に覚えられるし、わかりやすくなる。私たちが道を踏み誤るのは、この性質のせいでわかった気になるときだ
失敗した人たちの墓場で眠る連中には、こんな共通した特徴がある。勇気があって、リスクをとって、楽観主義で、云々。億万長者の母集団とほんとにそっくり だ。能力の点ではいくらか違いがあるのかもしれないが、両者を本当に大きく隔てている要素はほとんどただ一つ、運だ。純粋な運だ。
私たちは説明をほしがる動物で、ものごとにはすべて特定可能な原因があると思い、一番わかりやすい話を唯一の説明だと思って、それに飛びつく。でも、目に見えるなぜならなんて、ないかもしれない
私たちには黒い白鳥が見えない。私たちは起こってしまったことを心配し、起こるかもしれないが起こらなかったことは心配しない。だからこそ私たちはプラト ン化する。知っている図式やよく整理された知識を好む。そうやって現実を見るのに不自由になる。だからこそ私たち、、は帰納の問題に陥り、追認の誤りを犯 す。だからこそ、よく「お勉強」して学校の成績がよかった連中ほど、お遊びの誤りのカモになる。

情報は知識の妨げになるのだ。
私たちには、近い将来と遠い将来の違いが完全には理解できない。でも予測は、遠い将来のことになるほど質が悪くなる

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3356-1bdb7539

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。