Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3339-e2dfd47c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

感情を整える ここ一番で負けない心の磨き方  6

ギャンブルや投資では感情で負けることが多い。

知識やテクニックよりも、感情の整え方こそが勝つための秘訣だったりします。

感情を整える ここ一番で負けない心の磨き方
感情を整える ここ一番で負けない心の磨き方桜井 章一

PHP研究所 2013-09-10
売り上げランキング : 14490


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ふだん生の感情をなかなか出せない人が多いからこそ、高見盛の感情の出し方を見て、ストレスや屈託が一瞬消えてしまうようなカタルシスを覚えたりする。
素直な生の感情というのは、人の心をとらえて離さない強い力をもっているものなのである。
感謝はマイナスの感情を薄める最大の特効薬なのだ。
嫌いという感情は、固定されてしまうと、対象がもっている可能性に気付けなくなる危険がある。
自尊心とはいうまでもなく、自分のことが一番大事で一番偉いと思う感情である。
だからこそ自分が抱えている自尊心をどう扱うかを人は苦慮するわけだ。たとえば自己犠牲の精神が強い人でも自尊心はある。そういう人の場合は、自己犠牲という形で自尊心が保たれるのである。
自信というのは、どれだけ力があろうと絶対的なものとしてもてるものではないということだ。「あの人と比べれば強い」とか、「この人と比べれば負けるだろう」といった、相対的なレベルでしか自信はもちえないわけである。
私は何事も半信半疑の姿勢でいることが大事だと思っている。

人はみな自尊心というものをもっているがゆえに、自分のことが一番正しいと思っている生き物である。意識的、無意識的に絶えず自分のことを正当化しないと生きていけない生き物なのだ。
その心理的なメカニズムを頭に入れておけば、怒ったとき一○○%自分が正しいと感じても、そこには必ず底上げされた部分があるのだと思える。そうすると自分が怒っているのは絶対的なことだろうか、相手のしたことにも少しは理があるのではないか、そう考えることができる。


もちろん、どう考えたところで相手に一○○%問題があるというケースも、なかにはあるだろう。そんなときはどうするか。
それは相手を可哀そうな人間だと思うことだ。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3339-e2dfd47c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。