Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3320-a6eaacaf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

確率論的思考 金融市場のプロが教える 最後に勝つための哲学  6

こういう考え方をしておくのは大事だと思います。

結果論より確率論。

悪い結果が起きたときも確率論的に考える。

投資の世界で100%はない。

確率論的思考 金融市場のプロが教える 最後に勝つための哲学
確率論的思考 金融市場のプロが教える 最後に勝つための哲学田渕 直也

日本実業出版社 2009-09-18
売り上げランキング : 129096


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




相場の先行きを正確に予測することは不可能であるだけでなく、そもそも正確に予測をするという考え方自体が避けなければならないものである
結果論は極めて強力であり、確率論的思考にとっては最大の障壁といってもいい。
名将は勝てる相手と戦う
覇者が、天才的であればあるほど、カリスマ的であればあるほど、権力の落とし穴は深く、免れがたいものとなる。
どんな天才でも、どんなカリスマでも、不確実性まで支配することはできない。独善的になれば不確実性を見落としやすくなり、ついには致命的な失敗を犯すようになる。
株価が安定して推移する状況が長く続けば、その状況に慣れてしまい、遠い過去に起こった暴落のような事態は起こらないに違いないと感じるようになってい く。このようなケースでは、希少な事象が起こったときのことが意識の焦点には上らないので、そういう場合には人はその確率をほとんど無視する傾向がある。
真実は長期で姿を現す
短期的な成功者は、多くの場合、偶然により生まれる。ただ、成功が偶然のものであっても、それが大きな成功となるためには大胆であることが必要だ。対象は何でもいいから、とにかく大胆に行動し、いったん成功をつかめば、勢いに乗って行けるところまで行く。
不確実性のもとでは、完壁な計画も、完成品もない。組織にも完成形はない。すべてのものは、少しずつ変化し、修正され、改善され続ける必要がある。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3320-a6eaacaf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。