Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3218-f3c7cbdc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

孫子の兵法  10

あらためて読み返してみましたが、使える考え方が多いです。

定期的に読み返さなければ。

孫子の兵法 (知的生きかた文庫)
孫子の兵法 (知的生きかた文庫)守屋 洋

三笠書房 1984-10
売り上げランキング : 5358


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





基本に忠実であること、これが大前提であることは言うまでもないが、しかし、それだけでは勝てない。勝つためには基本と応用の両面に熟達する必要がある。

戦争は、しょせん、だまし合いである。

たとい戦って勝利を収めたとしても、長期戦ともなれば、軍は疲弊し、士気も衰える。城攻めをかけたところで、戦力は底をつくばかりだ。

戦争指導にすぐれている君主は、壮丁の挑発や糧秣の輸送を二度三度と追加することはしない。装備は自国でまかなうが、糧秣はすべて敵地で調達する。
戦争のしかたというのは、敵国を傷めつけないで降服させるのが上策である。撃破して降服させるのは次善の策にすぎない。

むかしの戦上手は、まず自軍の態勢を固めておいてから、じっくりと敵がくずれるのを待った。これで明らかなように、不敗の態勢をつくれるかどうかは自軍の態勢いかんによるが、勝機を見い出せるかどうかは敵の態勢いかんにかかっている。
激しい勢いに乗じ、一瞬の瞬発力を発揮するのが戦上手の戦い方だ。

どうしたかというと、直接邯鄲の救援に向かわないで、逆に、魏の都大梁に進攻する構えをみせたのである。「魏軍の主力は邯鄲の包囲戦に向けられているので、本国は手薄になっている。大梁を衝けば邯鄲の包囲は自然に解ける」と判断したのだ。

敵に作戦行動を起こさせるためには、そうすれば有利だと思いこませなければならない。逆に、敵に作戦行動を思いとどまらせるためには、そうすれば不利だと思いこませることだ。

守らざる所を攻める

こちらが戦いを欲するときは、敵がどんなに塁を高くして塀を深くして守りを固めていても、戦わざるをえないようにしむければよい。それには、敵が放置しておけないところを攻めることだ。

戦争態勢の神髄は、敵にこちらの動きを察知させない状態-つまり「無形」にある。
こちらの態勢が無形であれば、敵側の間者が陣中深く潜入したところで、何もさぐり出すことはできないし、敵の軍師がいかに知謀にたけていても、攻め破ることができない。
おとりの敵兵にとびついてはならない。

将帥に必要なのは、自分が「必死」になることよりも、むしろ部下を「必死」にさせることである。

軍を布陣させるには、低地を避けて高地を選ばなければならない。また、湿った日陰より日当たりのよい場所を選ばなければならない。そうすれば、兵士の健康管理に有利であり、疾病の発生を防ぐことができる。

兵士に心理的な安定感を与え、快感原則によって士気の高揚をはかる

自然界であろうと、人間界であろうと、どんな現象にも、よってきたる原因がある。『孫子』は、どんな些細な現象でも見逃さず、その原因を分析することによって、敵情を察知しようとする。

軍を統率するにあたっては、あくまでも冷静かつ厳正な態度で臨まなければならない。
兵士には作戦計画を知らせる必要はないのである。戦略戦術の変更についてはもちろん、軍の移動、迂回路の選択等についても、兵士にそのねらいを知られてはならない。

作戦行動の要諦は、わざと敵のねらいに、はまったふりをしながら、機をとらえて兵力を集中し、敵の一点に向けることである。

五種類の間者について説明しよう
郷間-敵国の領民を使って情報を集める
内間-敵国の役人を買収して情報を集める
反間-敵の間者を手なずけて逆用する
死間-死を覚悟のうえで敵国に潜入し、ニセの情報を流す
生間-敵国から生還して情報をもたらす



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3218-f3c7cbdc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。