Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3068-9223223f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフェッショナルサラリーマン ― 実践Q&A編  7

プロフェッショナルサラリーマンに対して、読者から寄せられた質問に回答したもの。

仕事、上司や部下との関わり方など、そういう視点があったか、と驚かされる内容が詰まっています。

最後の対談集も面白いです。


プロフェッショナルサラリーマン ― 実践Q&A編
プロフェッショナルサラリーマン ― 実践Q&A編俣野 成敏

プレジデント社 2013-05-16
売り上げランキング : 144079


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




「なんであんなに電話応対が下手なんだろう」「私ならもっと自信を持って商品を勧めるのに」というように、一緒に働く人のやり方を見ていてイライラしたことはありませんか。
それは裏を返せば、あなたはその仕事が得意で、同僚が見えないところまで見えているということです

自分ではちっとも大変だと思っていないのに、他人から「大変だね」と言われたことはないか

理論と実践の両方で実験してみて、「やっていける」と確信が持てたので、はじめて起業に踏み切った。
「あいつ変わったな」と言われることを恐れていては、いつまでたっても変われませんし、本当に優れている人は、「いつまでも変わらないね」と言われるために日ごろから変わる努力をしているのです。

もしこう社員や係長くらいだとして、他部署の課長や部長に直接意見を言っているのだとすれば、そのやり方はまずい。他部門とのネゴシエーションは同じ立場の人がやるからネゴシエーションになるわけであって、そうでないなら「引っ込んでる」と言われても仕方がないでしょう。

部下が上司を見ていて感じるモチベーションの源は、「憧れ」か「怒り」のどちらか、またはその両方です。

自分が選んだわけでもない上司との相性がいいわけがない。それなのに上司に人間性を期待するのは、宝くじが当たるのをあてにして生活費を稼がないようなもの

男性の部下にはなるべく遠い未来に石を投げて、「あそこまで一緒に行こうぜ」と言い、女性の部下にはあと少しで手が届きそうな目標を示すのがいいかもしれません。

ほめることも叱ることも、部下を活躍させるための手段にすぎません。ある手段でうまくいかなければ、別の手段に変えればいいだけの話です。
「部下を活躍させる」という目的が達成できるのであれば、こちらの言いたいことを伝える手段はなんでもかまいません。


初めて達成感を味わったり、人の役に立つ喜びを知ったりするうちに、自信がついて仕事の面白さがわかってくるはずです。そうやって更生させるのが一番いい方法だと思います。
商売をするうえで、自分の好き嫌いはマイナーすぎてお金にならないけれど、民衆の出した答えはお金になるからです。
実況中継みたいに(笑)・自分の置かれている状況を外から見て面白がるんですね。



言語に限らないのですが、そういう自分の武器になりそうなものをたくさん持って、ある種の武装をしておいたほうがいいですね。チャンスはいつ巡ってくるかわかりませんから、今まで自分がやった仕事の実績をパソコンなどに入れていつでもすぐに見せられるようにしておくとか

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/3068-9223223f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。