Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2974-e9f7c8db

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

中国・インドの次に来る大チャンス 新興アジアでお金持ち  7

そういえば、富裕層の方々には、東南アジアで子育てするといいと言う方がいます。

注目されている東南アジア。

具体的に何をどうすれば良いのかわかりやすく書かれています。

投資の入門書として。



中国・インドの次に来る大チャンス 新興アジアでお金持ち
中国・インドの次に来る大チャンス 新興アジアでお金持ち岡村 聡

講談社 2013-05-16
売り上げランキング : 15213


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





人件費の高騰、環境問題といった例からもわかるように、中国に拠点を集中しすぎるリスクが高まってきており、中国以外にアジアの拠点を作るチャイナ・プラス・ワンの流れが本格化しています。
インドネシアは、民族が多岐にわたり国土も広大であるため、さまざまな独立運動が起きており、テロのリスクが東南アジアで最も高い国の一つです。
インドネシアやタイに共通している経済的リスクは賃金の上昇です
LCCの飛行機には、モニターなどの一切のサービスがありません。そこで多くの乗客はiPadなどのタブレットを使って映画を観ています。
日本人が新興アジアに投資する上で、最も手っ取り早い方法は金融商品への投資です。新興アジア諸国の主要企業数十社の株式を、1つの商品でカバーするETF(上場投資信託)や投資信託がわずか1万円程度の少額から購入できます。


ベトナムやフィリピンは日本の1950年代、インドネシアは196O年代、マレーシアは1970年代の経済発展度に相当することを考えると、少なくとも今後川年は、経済成長と株式市場の上昇は期待できると見ています。

ネット証券の中でも、海外株式の取扱高が大きく安心感があり、かつ新興アジア株式のラインナップが充実しているSBI証券と楽天証券がオススメです。
海外証券会社を使う必要なし
シンガポールを除く国々では、まだ投資に関する法制度が未熟で、企業が出す財務情報なども信頼性に欠けます
海外投資の初心者はETFなどを用いて、主要企業に幅広く分散投資をしたほうが安全でしょう
一つのETFに20万円以上投資することが、ETFのコストメリットを最大限に活かせてオススメです
フィリピンは世界で最も低い八1ドルで永住権を取得できる国の一つです。2万米ドル(約190万円)の預金を指定された銀行に保有するだけで、永住権を取得できます。

日本企業への不満としては、「拘束時間が長く残業やミーティングが多い」という点がどの国でも最上位に来ています。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2974-e9f7c8db

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。