Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2907-88853389

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学  7

ウソに限らず、虚偽、強迫などで他人をコントロールしようとする人たち

コントロールされてしまう人たち

この仕組みを解き明かしている内容です。

人間の心理をより知ることができる一冊です。

文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)M・スコット・ペック 森英明

草思社 2011-08-05
売り上げランキング : 5956


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ある女性は、邪悪な人間に出会ったときの自分に生じた混乱を、「突然、自分が考える能力を失ったかのようだった」と書いている。

虚偽とは、実際には、他人をあざむくよりも自分自身をあざむくことである。
うそをつくという行為の前に、なんらかの良心が基本的なかたちで介在するのである。
邪悪な人間が選ぶ見せかけの態度に最も共通して見られるのが、愛を装うこと

恐怖症というのは「置き換え」によって生じるものである。心理療法家はこう説明した。あるものにたいする正常な恐怖感や反感がほかの何かに置き換えられたときに、恐怖症が生じる。本当の恐怖や反感を自分で認めたくないときに、人はこうした防衛的な置き換えを行う

集団凝集性を強化する最善の方法が、外部の敵にたいする憎しみを助長することだ
人間のものの考え方には一種の慣性が伴うものである。いったんある考え方が行動に移されると、それに対立するいかなる証拠をつきつけられようと、その行動は動きを止めようとしない。ものの考え方を変えることには相当の努力と苦しみが伴う。これにはまず、自己不信と自己批判の姿勢を絶えず維持しつづけることが必要であり、あるいは、自分がこれまで正しいと信じてきたことが結局は正しくなかった、という苦痛を伴った認識を持つことを要求される。そのあとには混乱が生じる。

戦争が行われるときには、一部の人間が精神的よりどころを失っているのであり、一部の(というよりは多くの)人間が悪に屈しているのだと私は単純に信じている。戦争が起こるときにはつねにだれかが間違っているのである。どちらか一方あるいは双方がその責めを負うべきものである。どこかで誤った選択が行われたのである。
われわれの凶悪性はふとしたでき心である。
組織というものは、その規模が大きくなればなるほど顔のないもの、魂のないものとなる。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2907-88853389

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。