Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2900-e1fdf938

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「論理戦」に勝つ技術―ビジネス「護心術」のすすめ  7

人間は論理的であるがゆえに、論理的に説得されるのを好まない。

これは新しい視点ですね。

おもしろい!

論理戦というタイトルですが、本書の大部分は、
質問
に費やされています。

議論の際に発する質問。

これをすること自体が有利なのです。

なぜなら、言葉を選ぶことができるからです。



「論理戦」に勝つ技術―ビジネス「護心術」のすすめ
「論理戦」に勝つ技術―ビジネス「護心術」のすすめ香西 秀信

PHP研究所 2002-12
売り上げランキング : 427953


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





人間は論理的な生き物であり、論理を、理屈を通すことを最も重視するがゆえに、自分が論理で説得されることを嫌うのです。

感情の操作によって説得されることは、われわれのプライドを傷つけません。情に流されて説得されるというのは、むしろ与える快感を、優越感を得ることができます。

自分が理屈で言い負かされ論破されるのが嫌いなのです。不快なのです。しかし逆に、自分が他人を理屈でやりこめることはじつに気持ちがいい。それは論理的な生き物である人間にとって、最も本質的な喜びを与えてくれます。

議論において、問いを出す側は一つの特権をもっています。それは、問いを構成する言葉を、自分に都合よく選ぶことができるということです。

問いが機能するのは「答えを必要としない問い」

反論が同じ沈黙を引き出したとしても、それが平叙文によってなされた場合と、問いという形式によってなされた場合とでは、その沈黙が意味する敗北の認定の度合いがまるで異なってきます。

論証は、それが成立するためには、それ自身は論証を必要としない根拠の存在を必要とします。

相手国の「非行」の事実は、その国を非難する理由にはなっても、こちら側の「非行」を免責する理由にはなりえない。

どうも人間には、明確に言い切られたことよりも、もってまわった、思わせぶりな言い方をされたことの方に心惹かれる性向があるようです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2900-e1fdf938

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。