Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2895-76e2e106

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?  10

下巻もまた文句なく熱い!

リスクに対する恐怖の感覚、人間が、得と損に対して、どれだけ不合理な考え方をするのか、追求してくれています。

株式投資にも当然使える内容。

この考え方を知ることで、今後の利益には大きな影響が出るのではないでしょうか。

サンクコストやリフレーミングといったお馴染みの概念も突き詰め方が違います。

一部の章を読んで、マーケティングや投資に活かすだけでも元が取れる一冊。

ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?
ファスト&スロー (下): あなたの意思はどのように決まるか?ダニエル・カーネマン 友野典男(解説)

早川書房 2012-11-22
売り上げランキング : 3580


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





人生において私たちが行う重大な選択には、大なり小なり不確実性がつきまとう。
ほとんどの人はリスク(起こりうる最悪の結果になる可能性)が嫌いである。だから、ギャンブルと、その期待値に等しい金額との選択を持ちかけられたら、確実な後者を選ぶ。それどころか、リスク回避的な意思決定者は、期待値を下回っても確実なほうを選ぶ

非常に苛酷な選択肢を突きつけられたときは、ベティに限らず誰でも、チャンスに賭けてみようとする。

「彼女は扶養料を求めて離婚した夫を訴えた。彼女はほんとうは和解で手を打ちたかったのだが、夫のほうが裁判で決着をつけたがったらしい。まあ、当然だろうね。彼女はもらう側だから、リスクを回避する。一方、夫の側はどう転んでも悪い目ばかりだ。となれば、あえてリスクをとることになる」

たいていの人にとって、一〇〇ドル損をする恐怖感は、一五〇ドル得をする期待感よりも強い。

自分が損失に対してどの程度回避的かを知るためには、次のように自問してみるとよい。一〇〇ドル払うのと同じ確率で最低何ドルもらえるなら、自分はこのギャンブルに応じるだろうか、と。多くの人の場合、答は約二〇〇ドルである。つまり、損失の二倍の利得が見込めないと、ギャンブルには乗らない。

なぜ教授はワインを手放したがらず、チケット購入者は高値を示されても売ろうとしないのだろう。決定的なちがいは、靴屋が売る靴も、あなたが靴のために使うお金も、ともに「交換目的」で、つまり他の財と交換するために保有していたことである。これに対してワインや入手困難なチケットは「使用目的」で、つまり消費したり楽しんだりするために保有されていた。ワインやチケットだけでなく、あなたの収入で確保している余暇時間や生活水準も、売ったり交換したりするためのものではない。

人間も含めてあらゆる動物は、得をするより損を防ぐことに熱心である。

可能性の効果により、私たちは小さなリスクを過大視する。
そして、リスクをすっかりなくせるものなら、期待値を大幅に上回る金額を払ってもよいと感じる。

最悪の事態になる確率が九五%と一〇〇%とでは、心理的なちがいは一段と大きい。このわずかな望みにすがろうとする気持ちが強く働くからだ。小さな確率に過大な重みをつける結果、ギャンブルや保険が一段と魅力的になる。

感情は確率に比例しないどころか、正確な確率にすら反応しない。

頻度表現の効果はきわめて大きい。ある調査によると、「この病気にかかると一万人に一二八六人が死ぬ」という情報と「この病気の死亡率は二四・一四%である」という情報を示されたとき、かなりの人が、前者のほうが危険だと判断した。

腕利きの弁護士がDNA鑑定に疑義を提出したい場合には、「誤鑑定の確率は〇・一%である」などとは言わない。「死刑判決一〇〇〇件に一件の割合で誤鑑定が起きている」と言うだろう。
このほうが、鑑定を疑うのは妥当だという印象がはるかに強まる。この発言を聞いた陪審員は、目の前の被告席に座っている男が、誤ったDNA鑑定のせいで有罪になりかかっているのだと強く感じる。

損失回避と狭いフレーミングが重なると、結局は高いものにつく。この呪いを防ぐには、個人投資家は広いフレーミングで考えるように努め、感情反応を抑えるとよい。それと同時に、自分の投資の成り行きをチェックする回数を減らせば、時間の無駄も苦痛も減らすことができる。

株価の毎日(あるいは毎週、毎月)の動きを知らなければ、無駄にポートフォリオの組み替えをすることもなくなる。数四半期にわたってポジションを変えないと決めれば、すなわち長期保有をすれば、投資成績はまずまちがいなく改善されるはずである。
投資家は買った銘柄ごとに勘定を設定し、その勘定を最後は黒字で締めたいと考えている。一方、合理的な経済主体はポートフォリオを総合的に検討し、最も将来性のなさそうな株を売る。このとき、買値より値上がりしているか、値下がりしているかは考えない

行動して生み出された結果に対しては、行動せずに同じ結果になった場合よりも、強い感情反応が生まれるということである。この感情反応の中には後悔も含まれる。

両方のシナリオを同時に検討した実験(被験者内実験)では、ほぼ全員が無念さを斜酌するのは正しくないという原則を支持した。だがこのような原則が生きるのは、二つのシナリオが同時に示された場合だけである。

私たちの住む世界はカテゴリーに分けることができ、それぞれのカテゴリーにはそれぞれの基準がある。たとえば六歳の子供の身長の基準、テーブルの大きさの基準、といった具合に。そして、同一カテゴリー内での判断と選好は一貫していても、異なるカテゴリーに属するもの同士を比べる場合には、一貫性が失われることがありうる。

セールスマンは、商品の見せ方を操作して顧客の選好に大きな影響を与えることができる。
しかしこうした明らかに意図的な操作が行われる場合は別として、比較対照を行う並列評価では必然的にシステム2が働くので、単独評価よりぶれない判断が期待できる。

単独評価の場合には、システムーの感情反応が強く反映されるため、一貫性を欠きやすい。
損失という言葉は、費用という言葉より、ずっと強い嫌悪感をかき立てる。

システム一は、金持ちと貧乏人が出て来ると即座に反応するようにできていて、必ず貧しい人に味方する。

苦痛は短いほどよいし、快楽は長いほどよい。だがシステムーの機能の一つである私たちの記憶は、苦痛または快楽が最も強い瞬間(ピーク時)と終了時の感覚とで経験を代表させるように進化してきた。また、持続時間を無視するため、快楽を長く苦痛を短くしたいという好みを満足させることはできない。
生活を評価するように言われたときにあなたが思い浮かべるのは、そのときの感情だけではあるまい。最近起きた、あるいは近い将来に起きる重要な出来事も思い浮かべるだろう。
幸福を感じる気質というものは身長や知能のように遺伝することが、出生時から離れて育った双子の研究で判明している。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2895-76e2e106

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。