Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2861-fc10d7bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

文章表現400字からのレッスン  8

これは役立つ文章術本。

小手先のテクニックよりも、メモ。

メモという断片から始める積み重ねの重要性を説いてくれています。

地道な作業こそが大事。

そして、その構成が大事なのです。

文章表現400字からのレッスン (ちくま学芸文庫)
文章表現400字からのレッスン (ちくま学芸文庫)梅田 卓夫

筑摩書房 2001-02
売り上げランキング : 66294


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




よい文章とは、①自分にしか書けないことを②だれにもわかるように書く

短い文章は、さらに、少しの時間の中でも、
・読み終わって考えることができる。
・くり返して読むことができる。
というメリットを持っています。

「自分にしか書けないこと」をめざす文章にとって、もっとも重要な作業は、その「書きたいこと」を見つけることです。「自分にしか書けないこと」を見つける作業は、ゆっくりと時間をかけて、なによりも自分の中へ目を向けることによってなされます。そこで見つけたものの集積が<メモ>です。

どんなテーマでもそうですが、自分が本来書こうとする事柄に十分の材料(準備・自信)がないまま、不用意に書き始める場合には、一般概念のほうが取っつきやすいものです。
でも、そんな了見で始められる「哲学」や「現象学」が人を惹きつけるはずもありません。

メモがある程度蓄積されたら、それを検討してみましょう。
一見無秩序にばらまかれているようなメモも、内容によってだいたい次のように分類することができます。
A 目に見えること
B 見えるような気がすること
C 頭の中で考えたこと

メモをトータルにながめると、自分の感覚と精神が、どのように反応したか、がわかると同時に、これから書こうとしている文章の可能な<方向性>が見えてきます。

すべての文章は<メモ>という断片からはじまる
もともと文章というものは「何も書くことがない」状態から書き始めるものであり、それが正常なのです。逆に、「書くことが前もってある」場合の方が、創造的な文章にとっては、危険な落とし穴になるのです。

<メモ>の中でおこなう作業の中身を列挙してみると、
①思いつくことを書きとめる(狭義の「メモ」)
②メモを増やす
③何が書けるか・何が書きたいか、が見えてくる
④拾うメモ・捨てるメモ、を選り分ける
⑤さらにメモを補う
⑥実際に文章で使う語句やレトリックを確定し、「内容」の断片をつくる
⑦叙述の順序・段落・章だて、を考える
といったことになるでしょう。

文章はあくまで<表現>です。おしゃれをしたり、歌をうたったりするのと同様に、それによって今日のあなたの好みの<断片>が表現されていく。ある種の<演技>として、楽しみの手段として<ことば>を使う方法を身につけましょう。

文章はもともと断片でできている。

このような類型化の危険をかいくぐって、書き手の本来求めて言える認識を文章の中でつくっていくためには、個々の事象に徹底的に関わる姿勢が重要です。

構成とは、つきつめれば<順序>のこと

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2861-fc10d7bc

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。