Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2731-f7c76580

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

役人に学ぶ 「闇給与」のススメ 5

給与ではなく、実質給与だけど課税されないもので節税する方法。
従業員側にとってだけでなく、経営者側にとっても有利な内容も多数あります。

お互いが合意すれば、これほど税金対策になるものもないです。


役人に学ぶ 「闇給与」のススメ (光文社新書)
役人に学ぶ  「闇給与」のススメ (光文社新書)大村 大次郎

光文社 2013-01-17
売り上げランキング : 1167


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





一定の手順を踏んで、会社がモノを支給するならば、税金も社会保険料もかかってきません。

非課税手当にはどんなものがあるかというと、大まかに言えば次の通りです。
・通勤費(月10万円まで)
・食事(金額の制限あり)
・住居の提供
・仕事に必要な技能の習得費用
・創業や永続勤務の記念品
・日直費
・出張旅費、日当

会社が家賃の全部を払ってしまえば、給料とみなされます。
単なる「家賃の補助」ではダメです。あくまで会社が直接借りて、そこに社員が住む、という形を取らなければなりません。

社員が定年になって会社を辞めるとき、その家を退職金として社員に贈与するのです。

会社が昼食代を補助した場合、月3500円以内であれば、税金はかからない。

視察旅行、研修旅行というのは、議員さんや公務員の定番の闇給与でもあります。

会社がホテルや旅館などに直接申し込み、社員が会社に残りの宿泊費を払うという形態を取らなくてはならない。

会社が新聞を取ってやる。

社員は一人でできる仕事じゃないと、業務委託契約は難しい。
会社での時間的拘束があったり、細かい指示監督がされている場合は、業務委託とは認められずに人件費という扱いになる。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2731-f7c76580

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。