Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2665-9c0aed3f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」   6

美術の世界で食べていくための修行。

アーティストの寿命の話など、厳しい現実を教えてくれる一冊です。

いまの日本がどう進むべきか、アートという視点でわかる!

創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 (角川oneテーマ21)
創造力なき日本    アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 (角川oneテーマ21)村上 隆

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-10-10
売り上げランキング : 1012


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ろくに睡眠をとらない日々を続けて、どれだけ眠くて意識が朦朧としていても絵を描き続ける。そういう生活を三年ほど続けていると、絵を描くなんてしたくはなくなります。そのときに本当にこれを続けていくのかと自問自答する。そこで「続けていく」という答えを見つけられたなら、そのときはじめて芸術を生涯の生業として考える資格が得られます。

徒労にも近い作業を三百六十五日続けていくのは簡単なことではありません。自分の中でのパターンやルールを決めておき、頑なにそれを守っていくことでコンディションを一定に保てているところもあるのではないかと思います。

ひたすら自分を追い込んでいくだけでなく、頭をリラックスさせていてこそ脳の働きはよくなるものです。逆に言うと、若い頃にスーパー詰め込みの修行をすることで、このバランス感覚を養えるともいえます。

アイドルの寿命は短く、数年も人気を保っていられたならいいほうですが、現在のアート界でも寿命は長くて五年くらいです。

これからは世界的にも、生産力が増大して人口過剰になっていけば、ニートが増えていくはずですよね。そうなれば、仕事に就かない暇な人たちが世界の文明をつくっていくことになります。今の日本は、そのモデルに近い状態にあるともいえるはずです。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2665-9c0aed3f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。