Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2638-ce030e58

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

新しい市場のつくりかた  9

技術の進歩ではなく、問題を発見することで市場をつくる方法を教えてくれる一冊です。

技術を発展させるのでは、どこかで行き詰まる。

では、どうすれば良いのか?

いまある技術で解決できる、でも未解決の問題。

これを探すこと。

ウォシュレットの技術自体は、相当昔からあったものの、ウォシュレットは発明されなかった。

それは問題が発見されなかったからなのです。

この構造を頭に入れておくべき。



新しい市場のつくりかた
新しい市場のつくりかた三宅 秀道

東洋経済新報社 2012-10-12
売り上げランキング : 1094


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




ミシュラン社が、レストランやホテルのガイドブックを出しているのは、もともとは自動車旅行の文化習慣を広めるためだった

どんな技術も、なんらかの用途に結びついて価値を産まないうちは、単に「ある対象をこんなにコントロールできるようになりました」という技術者の単なるプライドにすぎません。

新しい市場をつくるのには、まずこうした新しい文化、生活習慣、ライフスタイルの登場が必要なのです。つまり、暮らしの「文化的な差別化」です。

誰かが最初に、「こんな暮らしが良いのになあ」と思わないと話は始まりません。

新しい文化を開発するとは、どういうことでしょうか。
一言で表現するならば、まず自分が持っている「しあわせ」のイメージを、これまでより多様に豊かにして、なんとかしてそれを実現する、ということなのです。
生命保険商品を販売するためには、たとえば世の中には家族がいるにしても、そして今、目の前の家族のしあわせを願っているつもりでいるにはいても、うっかり自分の死後のことについては考えたこともなかったりする人もいるでしょう。そういう人にはそのうっかりを気づかせてあげなくてはなりません。

新しい市場ができるとき、最初になされるのは、ヒトの新しい生活習慣や振る舞い、つまり新文化の開発です
いろんないわゆる「アイデア商品」の企画・開発者の方にお話を伺っていると、たいていは「身近なところにヒントがあった」と語られます
自分の外に正しさがあると考えてそれを探しに行くのではなく、自分の内部から生まれた意識を後から「正しく」しようとする心意気が足りないのだ

一つの商品の良さや強みというものは、実はその商品単体で決まるものではなく、周りとの関係性を視野に入れておかなければ、その良さや強みは実現不可能なものとなってしまうのです。

商品に求められる「良さ」の尺度は、機能に加えて美、さらにはステータス、というように新たに加わっていくのです。

私たちが豊かになってついに最後に消費するようになったのは、商品の持つシンボル性、連想されるドラマ、物語の価値なのです

どういう世界が望ましくて、自分はそれにどうやって今の世界を近づけていきたいのか、そのために自分は何をしていくのか、そのシールとしてどんな商品を自分は開発するのか、という意識なくして何かしらの新しい価値を創造できるものでしょうか。

自分の貧弱な認識の時点で思いつく検索ワードから、数珠つなぎで量だけは豊富にヒットする「想定内の情報」ばかりが目に入ると、自分の「現時点でのものの見方」がどんどん強固になってしまうばかりです

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2638-ce030e58

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。