Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2513-952d3cf4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

のススメ  7

貧乏は勧められるものではありませんが、しかし、必要なものでもあると思います。

反発するためのエネルギーは、元がマイナスであるほど大きくなりやすい。

そのような意味で野心を持つために、貧乏であったことは有益でしょう。

本書は、貧乏をそのような位置づけとするとともに、貧乏自体を楽しむという有益性も書かれています。

<貧乏>のススメ
<貧乏>のススメ齋藤 孝

ミシマ社 2009-09-18
売り上げランキング : 111311


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




貧乏を力に変える。こう言ったぱあい、まず二つの方向性が考えられる。
貧乏長屋のように貧乏そのものを楽しむ
貧乏を二度と味わいたくない、その思いをバネに成功をめざす



私も大学教師を二十年近くやっている中で、学生から「野性」が感じられなくなっている気がしている。中学、高校、大学と「教えられる」ことに慣れてしまったため、つかみとってくるという「野性」が薄れてしまっている。

お金があるとどうしても「次がある」「他の手段がある」と思う。けれど、貧乏だといま勝負するしかない。

読む人の渇望度によって、その本一冊の価値が決まってくる。本の価値を決めるのは、食欲と一緒で渇き具合なのだ。


金が入って落ち着いても貧乏時代からの勉強のしかたを変えない人がいる。漫画家なんかに多いそうだが、お金が入っているわりには、あい変わらず狭いところで仕事をしている。
そのほうが、その時代の空気が残るので、落ち着いて仕事に向かえるのだ。
一冊の本を十回読むと、人は変わる

書生を一人受け入れていると税制優遇があるといい。

報告できる相手をもつというのが貧乏を抜け出していくときに大切なことだ。だれかに見てもらっている、気にかけてもらっている、ここまでできたらその人に報告をする。

私の仕事は信用で成り立っているので、私が痴漢だと告発されたら、たとえ菟罪でも全出版社が手を引くだろう。冷たいものだ。しかし、自分が相手の立場であってもそうするだろうという意味で、しかたがない。
そういうとぎに守ってくれるのは親くらいしかいない。

人生を通してのベースをもつ

貧乏時代に培った趣味みたいなものをずっとつづけていくと、それも一つのベースになる。
人生を豊かにしてくれる楽しみ、継続的なベースが一つ、家族がいるというベースが一つ、そういうベースが三つくらいあると人生はずいぶんと豊かになる。

不思議と、一回退職してから、会社の人と友だちとしてつきあうという人は少ない

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2513-952d3cf4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。