Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2435-fcc7c18b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ベストセラー小説の書き方  10

小説の書き方。

ここまで小説の書き方を体系立てて説明してくれる本はなかなかないのでは?

小説を書かなくても、ストーリーを使う際に参考になる話が盛りだくさんです。

翻訳もので、文章ものが使えるとは意外でした。


ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)
ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫)ディーン・R. クーンツ Dean R. Koontz

朝日新聞社 1996-07
売り上げランキング : 2190


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




作家はおのおの自分のやり方を探り当てなければならない。

ヒーローよりも悪人やか弱い人物を描くほうが、ずっと楽しいし簡単。
悪人的要素はどんな人のなかにも存在している。その悪に魅かれる衝動を読者のかわりに実現してくれるわけだから、書く側はもちろん読む側もすかっとする。

小説を成功させるコツのひとつは、実生活上のいろいろな経験に、ピリっときくエッセンスを加えて調理するところにある。
外部からの情報に全面的にたよったプロットが、味気なく冷たいものになるのは、作家がそれに深くかかわっていないからだ。

大衆の興味が集中しているホットなわっだいにすぐ飛びついてプロットを立てるのも、また能のない話だ。というのもひとつには、この情報過剰時代では、大衆はどんな話題にもたちまち飽きてしまう。

小説を書くという行為そのものが、精神を集中させ、柔軟にし、創造的にするのだ。

登場人物をふたり設定して対話させてみよう。

最初の三ページが勝負だ。
作家は文章にリズムを与えることを学ばなくてはならない。しかも最高の文章というものは、たんに速度においてばかりでなく、感情の強弱においても、複雑なリズムを持っているものなのだ。
物語のなかで起こる事件は、決して作者から読者に対して直接話すかたちで予告されてはならない。

どうしても予告しなければならなくなった場合には、必ず登場人物をとおして、彼らの声で語らせることだ。つまり神の声として君自身が顔を出してはいけないのである。
相つぐ困難によって主人公を追いつめよ。
どんな困難も、前の事件から必然的に生じるものでなくてはならない。
読者はつねに前へ前へと進みたがるものなのだ。相つぐ困難とは、主人公が問題を解決しようと試みた結果生じる事態と、作家は胆に銘じておかねばならない。

結末がおもしろくなければ失敗作とみなされる。
物語を通じて君が積みあげてきた恐ろしい困難のすべてを正当化するに足るだけの、賢明な結末をもってくること。
終りに近づいたら、小説のスピードをあげたまえ。

練習が熟練を生むのである。読んで、読んで、読みまくり、書いて、書いて、書きまくる。
物語が進むペースは緩急が交互にあっらわれ、ペースが速くなるたびに徐々に興奮の度合いが高まっていくことが望ましい。

好感をいだいたり、共感をおぼえる登場人物がいないと、読者は次になにが起きるのだろうかと興味を抱かなくなるのである。

主人公は有能でなければならない。
完全無欠な主人公も好まれない。小説が成功するか否かは、プロットと登場人物の性格描写にかかっている。
作品を最大限おもしろくするには、著者は可能名かぎりアクションと性格描写を結びつけるべきである。
作家は主要な登場人物に関しては、自分のことのように熟知していなければならない。
登場人物の性格を書きだしたリスト。

主役、脇役をとわず、登場人物をつくりだすとき、作家はごく簡単な短い語句で片づけられるような、単純きわまる類型をさけるべきだ。
登場人物にいかあにもありえそうな動機を与える。背景の細部をごかかすべからず。
会話は小説のリズムに不可欠である。
会話の話し手については、正確さを期すために絶対必要な場合以外、記してはならない。

話し手を明示する必要がある場合、その九割がたは、たんに「言った」「たずねた」でことたりる。
ひとつのシーンでふたりの登場人物の心のなかを記述するのはまずい。作家の存在を読者に感じさせ、リアリティを破壊してしまう。
すべての出版社を訪ねなさい。自信作を決してあきらめてはいけない。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2435-fcc7c18b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。