FC2ブログ

Entries

エジソン―20世紀を発明した男  8

エジソンの、かなり分厚い伝記。

有名な発明家としての顔、事業家としてのエジソン、男としてのエジソン。

興味深い内容が詰め込まれています。

努力家として有名な彼の話を聞くだけでエネルギーが湧いてくるはず!

エジソン―20世紀を発明した男
エジソン―20世紀を発明した男ニール ボールドウィン Neil Baldwin

三田出版会 1997-04
売り上げランキング : 638135


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




六〇年間に及ぶ発明家人生で一〇〇〇以上の特許を登録したわけだから、エジソンが世の人々の尊敬を集め、その名があまねく知れわたっているのは当然であろう。
アイディアが浮かぶたびにエジソンはメモ帳に書き留めていた。
エジソンは新たな発明品それ自体の価値と、その根底にある商品としての価値とを意識的に分けて考えていたのである。
エジソンは新しい試みを実行するに当たり、一日ごとに、あるいはその日のうちにでも自分のアイディアを改善できると信じており、ときには矛盾したことを口走ることもあった。そのときどきの思いつきに流され、何が何でも元のアイディアに改良を加えようという気持ちが勝ってしまうのである。
二四時間働きつづけたところでエジソンにとっては何でもないことであり、すでに中年の域に達していたにもかかわらず、人並みの睡眠をとる気など毛頭なかった。


マイナという女性の争奪戦に加わった以上、エジソンは目的を果たすまで絶対に立ち止まろうとしなかった。
エジソンは、まだ十分に研究開発が進んでいない発明品でもさっさと発表してしまうため、製品を供給できる状態にはまったくないにもかかわらず、需要がはるかに先行してしまう。
そのころのエジソンは、丈が向こうずね辺りまであるグレーの実験着を好んで着ていた。つくりがゆったりとしているので、細かな作業が求められる高度な研究に最適だったのだ。実験着のいたるところにシミがついており、ネクタイは曲がっている。目つきはうつるで、やつれた感じがする。延々とつづく蓄音機の研究のせいで、そうとうストレスが溜まっているのだろう。だが握手をするとその手は力強い。何はともあれ、まだ精神のバランスは取れているにちがいない
俺が業績をあげたのは、俺に備わる『才覚』のおかげだと思っている人間が多いが、それは違う。賢い人間が死にものぐるいになって頑張り通せば、だれだって俺と同じ実績を残せるんだ。
その週の勤務時間の合計は実に一一一時間四八分にもなる。
理屈どおりのことなど役に立ったためしがない。幸い君はもう理屈に適うことを思いつかないわけだろ。だったら、今度は筋の通らないことを試してみることだ。そうすればすぐに解決法が見えてくる。いいか、寝るのはその後だぞ
「私は一日に一八時間働きます。そういう生活をもう四五年間もつづけているのです」と、エジソンはファンレターの返事によくこう書いた。

これは普通の人の二倍の労働時間です。つまり私は九〇年分働いてきたことになります。成人するまでの二〇年間を足せば、三〇年分生きてきたのと同じです。私は今でも毎日一八時間働いており、あと二〇年はこの生活をつづけるつもりです。そうなると私は一五〇年分生きることになるのです。私が一八時間も働けるのは、食事の量と睡眠時間を極力少なくし、血管をまったく圧迫しない衣服を身に着けているからです。
食事の量を少なくする秘訣は「食べ物を十分に咀嚼すること」だった。
気分がすぐれないときにはまったく食べ物を口にしないと、エジソンはニュートン医師に明かしている。稼働しない機械に燃料を注ぎ込んでも無駄だというのである。



対談の最後でエジソンは、健康の秘訣としてもう一つ、くよくよしないことをあげた。悩みごとのない暮らしを送るためには、「常に忙しく働きつづけ、養生法をきちんと守る」のがいちばんよい、とエジソンは述べている。

スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://honyonderu.blog28.fc2.com/tb.php/2266-fecc2f16

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Amazon

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる