Entries

スポンサーサイト

真夜中の幸福論  5

時間に支配されない~が非常に良かったので、著者の本を遡ってみました。この本は、ちょっと軽いかなという印象を受けました。真夜中の幸福論ジョン・キム ディスカヴァー・トゥエンティワン 2012-06-26売り上げランキング : 37745Amazonで詳しく見る by G-Tools「自分自身のぶれない軸」をつくるために必要なことをただひとつだけあげるとしたら、それは、孤独を恐れないことです。人間の合理性というものは、それぞれ別に存在し...

文庫 よくわかる慰安婦問題 増補新版  7

また騒がれ出しているこの問題。そろそろ勉強しておこうと思い読みました。何冊か読んで、根拠を比べた方が良い問題だと感じました。マスメディアの情報も、根拠を確認したほうがいい。文庫 よくわかる慰安婦問題 増補新版 (草思社文庫)西岡 力 草思社 2012-12-04売り上げランキング : 6993Amazonで詳しく見る by G-Tools当時、日本は、国家総動員法に基づき勤労動員を行っており、「挺身隊」もその一環として女性を軍需工場など...

錯覚学─知覚の謎を解く  3

人の視覚は、分かっていても錯覚してしまうそうです。驚きの事実ですね。錯覚学─知覚の謎を解く (集英社新書)一川 誠 集英社 2012-10-17売り上げランキング : 63990Amazonで詳しく見る by G-Tools錯覚の存在を知っていても、その知識によって錯覚の成立を避けられないということである。錯覚や錯視においては、対象の物理的特性からの知覚内容のズレ方に規則性がある対策としては、人間の知覚や認知の不完全さを道具により補うと...

本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする〝読自〟の技術  7

弾さんの読書論。本を読む技術的な話ではなく、読書の本質を追求していく内容。あれだけの本に囲まれている方だからこそ説得力ある内容です。本を読むことが何になるのか。実利を超えたものを手に入れられる一冊です。本を読んだら、自分を読め 年間1,000,000ページを血肉にする〝読自〟の技術小飼 弾 朝日新聞出版 2013-02-20売り上げランキング : 37374Amazonで詳しく見る by G-Tools本を通して自分で自分を救うしくみがつくれ...

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」 7

かなり詳しい未来予測。そこらへんの怪しい本とは一線を画す内容でしょう。話題のシェールガスにも触れられていて投資の際に参考になる内容です。株やるなら読んでおこう。2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」米国国家情報会議 講談社 2013-04-19売り上げランキング : 47Amazonで詳しく見る by G-Tools世界の人口は都市部に集中し続けています歴史上で初めて、世界人口の過半数が貧困状態を脱却...

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?  9

いやー、これ面白いですね。集落で作っていた米を、公務員がブランド化する。そのための方法がローマ法王に食べさせる。ものが良ければ、売り方はどうにでもできるという見本です。売り方の戦略が非常に参考になります。ニュースの使い方、尻込みしてしまいそうな人との接触、集団のまとめ方。米の売り方以外に、田舎に若者を呼ぶ方法など、どうにもならなさそうなことを実現する手法が参考になります。マーケティング、集客に悩ん...

その堅苦しい話し方は、行きすぎです! ~エグゼクティブが実践している「話す技法」~  6

話し方が軽すぎると気をつけたら、今度は堅すぎてしまった。堅苦しい話は聞いていて退屈を生むだけです。この堅苦しさから脱するためには、ある程度の崩しが必要です。しかし、自分の考えで崩してしまうと、また軽くなってしまう。このバランス感覚を身につけるために必要な一冊です。その堅苦しい話し方は、行きすぎです! ~エグゼクティブが実践している「話す技法」~矢野 香 すばる舎 2013-03-22売り上げランキング : 6038Amazo...

JAL再生―高収益企業への転換 7

JALに乗る予定ができたので読んでみました。経営破綻してからすごいスピードで再上場を果たしたJAL稲盛和夫氏の力もあるのでしょうが、それを実行できた組織力。組織がダメになる原因、立て直しのプロセスは、どんな組織にも当てはまる内容のはず。他人事と思わずに読んでおいたほうが良い一冊でしょう。JAL再生―高収益企業への転換引頭 麻実 日本経済新聞出版社 2013-01-26売り上げランキング : 1466Amazonで詳しく見る by...

起業家  5

アメブロ、サイバーエージェントの藤田さんの起業話。立ち上げ時の苦労は、渋谷で働く~の方が詳しいですが、本書は、アメブロを拡大していく過程が描かれています。そのなかでも、堀江さんとの関係、当時の思いなどが書かれていて、非常に刺激的です。事業をつくるとはどういうことなのか、改めて考えさせられる一冊です。起業家藤田 晋 幻冬舎 2013-04-12売り上げランキング : 327Amazonで詳しく見る by G-Tools彼らは、きわめ...

最強 ハーバード流交渉術―仕事が100倍うまくいくNoの言い方 7

「no」にこだわった交渉術。ハーバード流を広めたウイリアム・ユーリーによるものです。感情に対処する部分が非常に参考になりました。バルコニー席のイメージを脳に植え付けましょう。最強 ハーバード流交渉術―仕事が100倍うまくいくNoの言い方ウィリアム ユーリー William Ury 徳間書店 2008-03売り上げランキング : 389065Amazonで詳しく見る by G-Tools現代における最も稀少な資源は、考えるための時間だ。自分のYeSにつ...

勘違いの日本語、伝わらない日本語  5

日本語のお勉強。敬語はもちろん、日常的に使う言葉に潜んでいる勘違いを明らかにしてくれます。文章書くなら読んでおきましょう。勘違いの日本語、伝わらない日本語 (宝島社新書)北原 保雄 宝島社 2013-04-10売り上げランキング : 296876Amazonで詳しく見る by G-Tools形容詞を連用修飾に用いる場合は、連用形の「~く」になり、「すごい」は形容詞ですから、「すごくおいしい」漢字で「真逆」と書いたら、「まさか」と読むでし...

昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来  7

ジャレド・ダイアモンドの新作をやっと上巻読み終えました。国家制度について考えさせられる一冊です。伝統的社会と、現代の社会を比較し、いろいろな制度を検討する内容。交通事故で人を死亡させてしまった場合の対応など、衝撃的な内容を含みます。この対立の視点で、戦争まで一気に読ませる。いま、われわれがどのような構造の中で生きているのか、再認識させられる貴重な内容です。昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来...

引き出す力 ~ソーシャル時代をかしこく生き抜くための、セルフプロデュース術  5

SNSの記載がけっこう多い。うまく自分を引き出してブランド化するための基礎的なことが書かれています。ツイッターでつぶやく際に読んでおきたい。引き出す力 ~ソーシャル時代をかしこく生き抜くための、セルフプロデュース術~おちまさと 総合法令出版 2012-11-09売り上げランキング : 301928Amazonで詳しく見る by G-Tools「自分が何者か」を知り、どうすれば結果を残せるかを、ロジックで考えられる自分のことも、「ダメだ...

BE ソーシャル! ―社員と顧客に愛される5つのシフト  

ソーシャル化している企業の事例を豊富に紹介してくれている一冊。事例をたくさん見ていけば、自分に使えそうな内容が含まれているはずです。時代がソーシャル化していくのは、逆らえなさそうな流れですね。押さえておきましょう。BE ソーシャル! ―社員と顧客に愛される5つのシフト斉藤 徹 日本経済新聞出版社 2012-11-13売り上げランキング : 42753Amazonで詳しく見る by G-Tools世界はソーシャルメディアによって透明になって...

群れない力 「人付き合いが上手い人ほど貧乏になる時代」における勝つ人の習慣  6

また強烈な本が出てきましたね。本屋で目立つこの新書。緩い付き合いを一蹴する内容ですがすがしいです。もちろん敵は多いでしょうけど。群れない力 「人付き合いが上手い人ほど貧乏になる時代」における勝つ人の習慣 (経済界新書)関口 智弘 経済界 2013-04-25売り上げランキング : 429Amazonで詳しく見る by G-Tools自由裁量の時間を、しょ-もない知り合いとの交流に使うのか、はたまた自分を高めるために使うのか。人間関係な...

会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学  6

いざというときのために、読んでおきたい失言集。不祥事の際に、どんなことを言うと顰蹙を買ってしまうのか。逆に見事だと、ダメージを減らせる言葉は何なのか。予防の中でも、これほど大事なことはないでしょう。会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学 (中公新書ラクレ)村上 信夫 中央公論新社 2010-06-10売り上げランキング : 213878Amazonで詳しく見る by G-Tools不祥事の記者会見で「法は守っていた」は、よく聞く言葉であ...

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」 ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむ  5

これからはデータですよ。統計学が最強の学問であるとあわせて読みたい一冊。海外のデータ活用例を学べます。データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」 ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむディミトリ・マークス ポール・ブラウン 馬渕邦美 日経BP社 2013-02-28売り上げランキング : 135Amazonで詳しく見る by G-Tools定義した「価値」を、計測・追跡が可能な要素に変換することすべては「何を測定する必要があるか」...

「いい人」は成功者になれない!: 男の値打ちは、仕事と女と金で決まる  5

自分の価値観を違う生き方をバンバン斬る内容です。同意できる箇所は爽快に感じますし、同意できない部分は不快に感じるでしょう。好き嫌いが分かれる自己啓発本です。「いい人」は成功者になれない!: 男の値打ちは、仕事と女と金で決まる里中 李生 三笠書房 2013-01-21売り上げランキング : 59688Amazonで詳しく見る by G-Tools三流の男には、「自己」がない。どんなに金持ちでも、相手に流されている。世の中、不公平としか言い...

世界で最も読まれている株の名著10選  9

最近、株式投資を始めた人なら、絶対に買うべき一冊です。世界の株本名著を10冊+αえらび、解説してくれる一冊。エッセンスが詰まっており、長期間、勝ち続けるための秘訣を学べます。この本を読んでいたおかげで、この二日間の大幅変動でも、大きな損失を出さなくて済みました。世界で最も読まれている株の名著10選 (日経ビジネス人文庫)西野 武彦 日本経済新聞出版社 2013-04-02売り上げランキング : 6451Amazonで詳しく見る b...

仕事がうまく回り出す感情の片づけ方  4

感情がうまく処理できていないと仕事の効率が悪くなる。仕事をうまく回すための感情面の処理について学べる一冊です。仕事がうまく回り出す感情の片づけ方 (青春新書INTELLIGENCE)中野 雅至 青春出版社 2013-01-09売り上げランキング : 426643Amazonで詳しく見る by G-Tools「気分がのらないなど、不調な時間をなるべく少なくする」「気分がのっている時になるべく多くの仕事をこなす」自分を追い込むとは、常に「やるべき仕事」...

ブラックメール―他人に心をあやつられない方法  8

ブラックメールって、昔、ロンドンハーツでありましたね。でも全く違う話です。副題のほうが正しい内容。他人に心をあやつられない方法。他人を心理操作してこようとする人たちの言葉をブラックメールと呼ぶ。かなり刺激的な内容です。ブラックメール―他人に心をあやつられない方法スーザン フォワード Susan Forward 日本放送出版協会 1998-05売り上げランキング : 209025Amazonで詳しく見る by G-Tools「どうしても勝てない」状...

社交的な人ほどウソをつく 3

調子いい社交的な人には気をつけろってこと。体へのウソの出方などを学べます。社交的な人ほどウソをつく (日経プレミアシリーズ)内藤 誼人 日本経済新聞出版社 2013-04-09売り上げランキング : 29932Amazonで詳しく見る by G-Tools「足を組んだほうがラク」という人は、もともと不安の度合いが高い人であることが多い。心から興味を持ってくれていれば、相手は必ず身体を乗り出すようにしてくる。両手の指を組んでいるとき、左右...

カイジ「命より重い! 」お金の話 2

人気マンガ、カイジからお金を学ぶというコンセプトです。カイジのいろいろなシーンが出てきますので、ファンの方は楽しめるのかな。カイジ「命より重い! 」お金の話木暮太一 サンマーク出版 2013-04-22売り上げランキング : 2444Amazonで詳しく見る by G-Toolsお金を持っていれば自由が得られる、お金を持っていることで、防げる〃不幸″もあるのです将来のリターンが見込めないものは、〃投資″ではなく〃消費”です。〃おまとめ〃...

100%  5

ジェームス・スキナーの自己啓発本。熱くなれることは間違いないですが、まあ、分厚い割には・・・という印象もぬぐえないです。早く読めますので、エネルギー材に。100%ジェームス・スキナー サンマーク出版 2013-04-03売り上げランキング : 634Amazonで詳しく見る by G-Tools「自由になりたい」と言う人は多いが、自由というのは、大きなチャレンジだ。自由になると、すべてを自分で選ばなければならない。だから、自由になりた...

グサリとくる一言をはね返す心の護身術  5

痛いことを言ってくる人はどこにでもいます。家族、職場の上司、交渉相手・・・いろいろなシーンで心を傷つけられてしまっている人は読んでおきましょう。ダメージを減らせるでしょう。グサリとくる一言をはね返す心の護身術 (ソフトバンク文庫)バルバラ・ベルクハン 郷坪 浩子 ソフトバンク クリエイティブ 2007-03-21売り上げランキング : 10419Amazonで詳しく見る by G-Tools攻撃されたり脅されたりしたときは、躊躇することな...

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方  9

行列ができる、立ち飲みや+三つ星レストランというコンセプトのお店。私はこの店を知りませんでしたが、テレビなどでは有名らしく家族は知っていました。この店を作ったのが、ブックオフの創業者だったとは。それだけでも驚きです。すごいビジネスを立ち上げる人はどこが違うのか。その秘密と、今回のビジネスのキモを学べるだけでも十分買いの一冊でしょう。俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方坂...

すべては「先送り」でうまくいく  7

単純な先送りではなく、意思決定を先に延ばすことで、妥当な決定ができる場合が多いという本。タイミングの問題なのだ。ちょっと待つことも大事。瞬間的に謝罪することが良いわけでもない。先送りで謝罪がうまくいくことが多いという話も意外である。すべては「先送り」でうまくいく ――意思決定とタイミングの科学フランク・パートノイ 上原 裕美子 ダイヤモンド社 2013-03-29売り上げランキング : 12394Amazonで詳しく見る by G-...

仕事は6倍速で回せ! 5

効率も時間量も増やせば、圧倒的な仕事をこなすことができます。著者はこのような手法で、数々の結果を出してきたそう。著者の経歴にあこがれる人は、導入してみてはいかがでしょうか。仕事は6倍速で回せ!石塚孝一 祥伝社 2013-03-27売り上げランキング : 17491Amazonで詳しく見る by G-Tools一流のビジネスマンになろうと思うのなら、まずは形から入るのだ大きな仕事で成功したときなど、その高揚感をあえて断ち切るために、コン...

平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学  7

ウソに限らず、虚偽、強迫などで他人をコントロールしようとする人たちコントロールされてしまう人たちこの仕組みを解き明かしている内容です。人間の心理をより知ることができる一冊です。文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)M・スコット・ペック 森英明 草思社 2011-08-05売り上げランキング : 5956Amazonで詳しく見る by G-Toolsある女性は、邪悪な人間に出会ったときの自分に生じた混乱を、「突...

どうにも話が通じない相手を納得させる技術  4

プレゼン、交渉など、相手に納得してもらうための手法が書かれている一冊です。話が通じない相手というのはいるものです。対応策を押さえておきましょう。どうにも話が通じない相手を納得させる技術芦屋広太 ぱる出版 2012-11-29売り上げランキング : 125948Amazonで詳しく見る by G-Tools「なぜ、話が通じないのか」を考える上では、他人視点が重要になる。抽象的な暖昧表現は人を思考停止に追い込み、以降の問題解決の深堀りを...

Appendix

Amazon

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。