Entries

スポンサーサイト

アイデンティティ経済学  5

空気、雰囲気、アイデンティティまとわりつくものぐるぐるしているものそれを読み解く。しかも経済的に?それがマーケティングにつながるはずアイデンティティ経済学どうふるまうべきかという規範は、その社会的文脈における人々の立場による。だから公平さに関する人々の嗜好は、どういう人々がどんな環境でやりとりしているかに依存する。そもそも労働者はどうして規範に従うのか。それは、従わなければ罰せられると考えているか...

ぶっちぎり理論38―落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる  7

ぶっちぎり理論38のネーミングが面白いです。赤ちゃん肌理論郷ひろみ理論皇室御用達理論・・・インパクトあります。いざというときに思い出せそうなネーミング。ぶっちぎり理論38―落ちこぼれでも3秒で社内エースに変わる!―ビジネスでは、目に見えない「知恵」よりも、目に見える「汗」のほうが大切である。乱暴に電話を切る人は、「いつも怒っている人」という印象を持たれてしまいます。でも、赤ちゃんの肌を触るように電話を...

渋沢栄一逆境を生き抜く言葉  5

渋沢さんは、論語という規準を持っていました。心が揺れるとき逆境のとき拠り所となる規準があった方が良いのは確か。その規準を見つけようと思えただけでも価値があった一冊です。渋沢栄一逆境を生き抜く言葉 (East Press Business)進歩するには、一度決めた道にこだわってはいけない。役に立つ者は用に追いかけられるが、役に立たん者は用のほうで逃げてゆく。人間は死ぬまでは国民としての辞表を出さぬものであって、生存するか...

ロボットが日本を救う  5

ロボット業界について学べる一冊。ふだん知らない世界なので、興味深く読めました。そうか、ロボット普及のハードルはそこにありましたか。ロボットが日本を救う (文春新書)製品は“作る”と”使う”が係属して回ることが実用化への道につながります。庶民を相手にする見せ物のからくりは、観客を飽きさせずに興行しなければならない。毎回、的に命中させていたのでは観客はすぐに飽きてしまうし、何本かに一本失敗するから、今度は大...

人は上司になるとバカになる (光文社新書)  3

反省、猛省世の中の上司はこれを読んで、行動を変えるべきでしょう。分かってはいるのですが・・・人は上司になるとバカになる (光文社新書)目標を達成したことに対して褒めるどころか、ハードルだけを上げてくる上司がいる。これでは部下のモチベーションは上がらず、心底ガッカリするだろう。上司にほとんど怒られず、飄々と仕事をこなしがなら結果を出している人は、上司の心ない言葉や環境に一喜一憂せず、自分がやるべきこと...

アリストテレス マネジメント  4

思わずタイトル買いしてしまいました。アリストテレスの名言が散りばめられているので、それだけでも良かったかも。アリストテレス マネジメント偉大なる天才には、いくらかの狂気が含まれているものである。運動をプロセスに組み込め。感情を管理するための7つのステップ1 意識する 2 距離をとる練習をする 3 欲望が生じる分野やテーマを把握する 4 頻繁に生じる感情の由来を分析する 5 沈黙を学ぶ 6 思考の衛...

日本中枢の崩壊  6

ベストセラーということで読んでみました。政治の裏側がかなり書かれています。やっぱり官僚が。日本中枢の崩壊民主党は騙されているのではなく、むしろ確信犯的に路線を変更していた。日本の国という列車を牽引している政治、行政のシステムがあまりにも古びていて、世界の変化に対応できないのだ。すべての改革を迅速かつ効果的に推進させるための大前提が、公務員制度改革なのだ。現在の霞が関の最大の問題は、繰り返すが、官僚...

カラー版 色彩の教科書  8

色について書かれた本。どんな色を使うと、職場の効率が上がるか、生活上良いことがあるか、社会がどうなるか。役立つという視点で色について説明されています。今まで読んできた色の本とは一線を画す内容。面白い。カラー版 色彩の教科書 (COLOR新書y)暖色か寒色かで、体感する時間の感覚がまったく異なって食えるのだ。青に代表される寒色は、時間を短く感じさせる。「2時間くらいたったかな」と感じていても、実際には4時間...

プロフェッショナルの情報術  8

テレビのリサーチャーの方が、情報収集について語った一冊。リサーチャーは短期間に大量の情報を得て、面白く仕上げる仕事。すぐにGoogleで検索したり、図書館で本を探すことを否定。まずはリサーチ計画から入るのが良いらしい。どうやって効率的に面白いアウトプットにつなげるか、わかりやすいと思いました。プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?Googleに思いつきのキーワードを打ち込む前に、図書館に...

思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳  5

問題解決本というより、雑学+自己啓発書という印象を受けました。ただ、その雑学的部分が結構役立つのがすごいです。ITツールは知らないものがかなりありました。思わず人に教えたくなる!「問題解決」のネタ帳 (青春文庫)書き出すことをせず、頭の中だけで思考すると、今頭の中に浮かんでいること以外の関連情報は意識しにくいのです。紙に書き出すことで、常に別の関連情報も意識しながら考えることができるようになる。解決...

会計士マリの会社救出(秘)大作戦! ~経営も、恋愛も、ホント謎だらけ~ 4

会計士によるエンタメ小説女性会計士が、双子の妹が経営する会社の社長に入れ替わる話。会計知識を会社に使おうという設定です。楽しく読めます。会計士マリの会社救出(秘)大作戦! ~経営も、恋愛も、ホント謎だらけ~不況を言い訳にしないで!不況と言った瞬間、売れない原因が外部に委ねられてしまう。返還されない部分を敷引と言い、資産として計上し続けるのではなく、賃貸借期間にわたり、徐々に費用処理していかなければ...

裁判長!これで執行猶予は甘くないすか (文春文庫   5

裁判の勉強。北尾さんの見方、面白いですね。傍聴いきたい。裁判長!これで執行猶予は甘くないすか (文春文庫)弁護人にはときどき演技力に優れた人がいるが、検察官でこれほどまでエモーショナルなトークを展開する人は初めて。しかも、語りかける相手は被告人でもなければ裁判官でもない。傍聴席にいるギャラリーたち、なかでも、さっき証人になった被害者のオヤジさんだ。だが、弁護人は腰の低い風を装いつつ、虎視眈々と<勝利>...

究極の判断力を身につけるインバスケット思考  6

経営者やリーダーは決断すべきことが多い。同時に複数のことをしなければならない。本書は、読者がケーキ屋の店長になったと仮定して、起こる20個の問題を60分で解決するという経験をさせてくれるもの。何かの情報を得られたというより、体験を得られる斬新な一冊です。究極の判断力を身につけるインバスケット思考人は極限の状態でないと、持っている力を発揮できないもの。多くの案件や業務を、短時間で精度高く処理するには...

とことんやれば必ずできる  4

マクドナルド原田さんの自己啓発書。危機にこそ読むべき一冊。奮い立たせてくれるでしょう。とことんやれば必ずできる仕事をはじめとする毎日の行動には同じことの繰り返しがたくさんありますが、そのなかでも違う結果を出すようにがんばっていくのが、時間に投資するということなのです。早く結果を出すことが、密度の濃い時間を化茶園ルことにつながり、生産的な人生が形成されていくわけです。苦しみを味わい尽くすとタフになる...

リッツ・カールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣  6

あらゆるところで、サービスの素晴らしさが語られるリッツ・カールトン。そのうちの、言葉がけに絞って書かれた一冊。なるほど~これはサービス業全般で使える内容!と思う箇所多数。利用させていただきます。リッツ・カールトン 一瞬で心が通う「言葉がけ」の習慣相手の本当の目的を知ることにエネルギーを使おう。当然のことをほめるのは逆効果。相手の”こだわり”を見つけてほめる。不満から価値を作れるかどうかで、「作業員」...

孤独のチカラ (新潮文庫)  3

孤独はチカラだ、という本。齋藤さんって孤独というイメージが全くないのですが、実は30歳過ぎまで暗黒の時代だったそう。そういう過去が原動力になる。孤独のチカラ (新潮文庫)隣に友達がいる状態では学びは浅い。人は孤独なときにこそチカラを伸ばすことができる。時折、たとえば深夜一時に孤独な魂を取り出してみることは意味のあることだ。もし意識の行き場がなくて苦しいときは、大いなる想像力で自分はどんなときも自然に...

経営戦略の教科書 (光文社新書)  5

講義形式で戦略論を学べる一冊。1講義が数ページに区切られているので、非常に読み進めやすい。有名な戦略論をざっくり学ぶのに良い一冊。経営戦略の教科書 (光文社新書)自分たちが「戦う土俵」を明確にし、「持続的な差別化が可能な価値」を特定するという経営戦略の「背骨」がしっかりしてこそ、企業のベクトルが定まり、大きな力を発揮することができるのです。どっちつかずの極めて中途半端なポジショニングに陥ってしまいま...

女子の幸福論  4

何の本かと思ったら、タイプが違う3人のアラサー女性の物語で、投資について語る本です。物語は読ませる力があると感じました。書かれている投資の話は、投資の本を読んでいる人なら常識と感じる内容です。普段、投資の本を読まない女性にとっては、とっかかりとなりやすい一冊。女子の幸福論30歳の自分がこんなにみじめな気分を味わうことになるなんて、就職したばかりの頃には想像もしていなかった。将来を正しく予見できる人間...

仕事で使えるフェイスブック活用術  8

進化するフェイスブック。フェイスブックページのアカウントを取ったけど・・・という状態が続いていますが、この本を読んで、ひとつアイデアがひらめきました。それだけでも読む価値ありました!何冊か読んでいますが、初めて知ったこともあったり。さらにフェイスブック以外にGoogleプラスにも触れられています。こっちもやってみようか。仕事で使えるフェイスブック活用術~仕事の効率&成果を上げる!実践テクニック~ボタンを...

危機にこそ、経営者は戦わなければならない!   6

名経営者と賞賛される金川さんの一冊。震災で明らかになったリスク対応のすごさ。危機といわれる状況が続いても、経営は安泰。なぜそんなことが起こるのか。経営の秘密に迫る。危機にこそ、経営者は戦わなければならない! (Best Selection)世界的な競争力を持つことは、現代の企業にとって生き残るための条件となってきています。最悪の事態が起こったときを考えると現状では危険だと判断し、あえて拠点の分散を図ったものです。...

35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじりなさい!  6

35歳貯金ゼロ!?ドキッとした人は読んでおこう。むやみに住宅ローンを組むものじゃありません。親のお金まで、どう投資するかヒントをもらえる一冊です。35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじりなさい! ~一生お金に困らない2世代マネープランニング~「3」 110818住宅ローンを組めても、マイホームは買うな。本当にお金に困っている20~40代には、構造的にお金が回ってこないのです。ライフイベント表。キャッシュフロー...

愛蔵版 戦国名将一日一言  7

信長、秀吉、家康、武田信玄、上杉謙信など有名どころから初めて聞いた、という武将までさまざまな武将の名言、ときに部下にポロッと漏らしたような言葉が365個載っています。歴史好きの方は間違いなく買いでしょう。歴史の知識が浅い私には、歴史自体の勉強にもなりました。愛蔵版 戦国名将一日一言倹約というのは、いざという時には思い切って火薬も使うということだ。誰からもよく思われようとすると、たとえ悪事をした人間...

エグゼクティブ秘書の「気配り」メモ 4

しまったメモ技術の本かと思ったら、気配りについての色々な話をメモ形式で伝えた本でした。まあ、自分には気配りの方が足りないので、タメにはなりました。エグゼクティブの言葉は役に立つ。エグゼクティブ秘書の「気配り」メモわたしがエグゼクティブの椅子に座るのは、エグゼクティブが、本当に仕事がしやすい環境なのかどうかをたしかめるためです。電話で話す際に心がけていること①少し低めの声で話す②いつものスピードより2...

「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?  6

マルちゃん→メキシコというタイトルでも分かるように、商品を他国、他文化、他地域で展開する際に必要な考え方がまとめられた一冊です。国によって文化が違う。ヨーロッパの冷蔵庫の捉え方とは何なのか。人は育ってきた環境で違うもの。日本では、そこまでシビアに考えなくて良いのかもしれません。ただ、商品によって、微妙なニュアンスが影響する場合には、地域の文化を考慮するくらいの気持ちが必要。「マルちゃん」はなぜメキ...

スペンド・シフト  10

アメリカ人って、借金して消費をガンガンしているイメージがありましたが、実際は違ってきているようです。アメリカの消費実態、その変化を調査した一冊。ブランド物がほしい、という志向からソーシャルメディアによるつながりへの変化。そして、その先。その構造は、情報化社会であったり、景気が悪化していくなかでの消費という点にあります。つまりは、日本と類似。ここで示されている考え方は、日本のこれからの消費者がたどり...

“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザ  3

速読とありますが、どちらかというと、ネットツールの使い方、情報収集方法の方に重点が置かれた本です。コグレマコトさんの本は何冊も読んでいたので、まさか本書が単著としては一冊目だとは驚きです。エバーノートなどネットツールを使いこなしていない人にとっては画期的な一冊になるかもしれませんよ。“知りたい情報”がサクサク集まる!ネット速読の達人ワザブログがストック型で、有益なものであれば過去の記事がいつまでも読...

老後の不安を「不労所得」で消す49の秘策  4

老後の不安を不動産投資でなくそうという本です。不動産投資のうち、特徴的なのは、地方の戸建を狙う点。著者は何冊も不動産投資の本を出しているそうです。老後の不安を「不労所得」で消す49の秘策 (廣済堂新書)退職金を起業や開店に使わないでください。競売不動産は安い。安いですが、やはり東京都心となるとそうそう格安物件は見つかりません。地方です。土地や建物のほかに著作権も財産権の一つです。ですから会社員が本を出...

おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ

サイゼリヤ創業者による、飲食業界にケンカ売ってるかののようなタイトルの本。飲食業だけでなく、ビジネス全般に使える内容が豊富。開業時、まったく客が入らなかったというサイゼリヤが、どうしてここまで来ることができたのか?安いだけの店ならたくさんある。サイゼリヤの特徴は?飲食業のように競争が激しい業界には刺さる内容がたくさんあるでしょう。必読。おいしいから売れるのではない 売れているのがおいしい料理だ「自...

自分を超える法  6

うーむ500ページある自己啓発書でもあり、マネジメントの本でもあり、コピーライティングの本でもある。コピーライティングの部分が特に印象に残りました。ここまで詰め込んだのは何故・・・ボリュームがあり、何冊分もの価値がある一冊ではあると思います。自分を超える法聞いただけでは何も変わらない。知っていても行動しないなら、知らないのと同じ。安定感 不安定感・・・変化が欲しいというニーズ 重要感 愛とつながり...

40歳の教科書 親が子どものためにできること  8

子どもに英語を学ばせた方が良いのか、受験は?という子育てに関係する学習について、何人もの方が見解を述べる一冊です。西原さんのお金の話が衝撃的でした。一人の考え方を盲信するのはよくありませんが、メディアや世間の考えを鵜呑みにするのもよくない。色々な考えを取り入れて決断しなければならない。40歳の教科書 親が子どものためにできること ドラゴン桜公式副読本『16歳の教科書』番外編自ら選んだ仮説をしっかり検証...

Appendix

Amazon

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PR

月別アーカイブ

プロフィール

しげた

Author:しげた
個人事業を立ち上げましたが、勉強のため、日々多読をしています。

人気ブログランキングへ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書ツール

ブックストッパー
ブックストッパー 本を押さえるのに便利!!

FC2カウンター

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。